2日、韓国海洋警察がこのほど中国漁船を機関銃で射撃したが、現場海域には海軍の哨戒機、護衛艦、高速ミサイル艇も出動し、海洋警察を支援したという。資料写真。

写真拡大

2016年11月2日、環球時報によると、韓国海洋警察が中国漁船を機関銃で射撃したが、船員拘束に韓国海軍も支援したという。

1日午後5時、韓国西部の黄海で韓国海洋警察が中国漁船に対し機関銃を発砲する事件があった。違法操業の中国漁船2隻を拿捕し曳航しているさなか、大型の中国漁船30隻が海洋警察船舶を包囲する事態となり、発砲へといたった。

まさに一触即発の事態だが、韓国・聯合ニュースによると、現場海域には海洋警察だけではなく海軍の哨戒機、護衛艦、高速ミサイル艇も出動し、海洋警察を支援したという。中国側は武力行使に不快感を示しており、今後国際問題に発展する可能性もある。(翻訳・編集/増田聡太郎)