妻夫木聡、映画への愛を告白!/[c]2016 TIFF

写真拡大

第29回東京国際映画祭のクロージングセレモニーが11月3日にEXシアター六本木で開催され、日本映画界への目覚ましい貢献者へ贈る“ARIGATŌ(ありがとう)賞”を受賞した新海誠監督、高畑充希、妻夫木聡、ゴジラが登壇。トロフィーを受け取ったが妻夫木が「映画に惚れて、今までずっとやってきました」と喜びとともに、映画への愛情を語った。

【写真を見る】妻夫木聡、高畑充希、新海誠監督がゴジラとご対面!/[c]2016 TIFF

『悪人』(10)で日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞、2016年公開の『怒り』での演技も話題となり、日本映画界に欠かせない存在となった妻夫木。

「俳優の転機となった『ウォーターボーイズ 』で、日本映画の汗臭さや泥臭さみたいなものを肌で感じた」と振り返り、「スタッフ、キャストみんな一丸となって、ひとつの気持ちで作るからこそいいものができると感じた。映画というものに惚れて、今までずっとやってきました」と胸の内を明かした。「この賞を励みに、いちからスタートを切りたいと思っています」と思いも新たにすると、会場からも大きな拍手が沸き起こっていた。

また、最新作『君の名は。』が社会現象とも言える大ヒットを記録中の新海監督は、受賞理由が「アニメーション界に新星現る」とされていたことから、「僕自身は、10年前から普通にアニメーションを作り続けてきました」と照れ笑いを見せ、「発見していただけたことは、幸せなことでもあるし、発見されなかった自分も今でもどこかに存在しているような気がします」としみじみとコメント。

さらに「これからもやりたいことは変わりません。これから先も今の観客が何を観たいのか、物語の担う役割は何なのかを考えながら、変わらず映画を作っていければ幸せ」と変わらぬ姿勢を明かした新海監督。受賞は「『君の名は。』というアニメーション映画にいただけたもの。優秀なスタッフ、キャスト、音楽があってたくさんの観客に届いた」と感謝しつつ、「まだ観ていないみなさん、よろしかったら観てください」としっかりと『君の名は。』をアピールしていた。

ゴジラもステージに上がったこの日。高畑は「ゴジラさんと一緒に壇上に立つ日が来るなんて」と楽しそうな笑顔を見せ、「すごく恵まれた10年。これからも必死に頑張ります」と力強く飛躍を誓っていた。【取材・文/成田おり枝】