左からメリッサ・ローゼンバーグ、S・J・クラークソン、クリステン・リッター(『ジェシカ・ジョーンズ』)

写真拡大

マーベル4作品のヒーローが集合するNetflixの新ドラマ『Marvel's The Defenders(原題)』(以下、『The Defenders』)に、『ジェシカ・ジョーンズ』や『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』『VINYL‐ヴァイナル‐』などで評価の高い女性監督、S・J・クラークソンが参加することが正式に発表された。

『The Defenders』は、Netflixのオリジナル・シリーズ4作品『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』『ルーク・ケイジ』『アイアン・フィスト』の主人公たちが、ニューヨーク市を救うために力を合わせるドラマ。これまで単独で活躍していた主人公たちは、それぞれ難題を背負いつつも、協力し合えばさらに強くなれることを悟るストーリーとなる。

クラークソンは第1・2話を監督するほか、第1話では製作総指揮も担う。また、本作は8話構成のリミテッドシリーズになるとのこと。

マーベル・テレビジョンの責任者であるジェフ・ローブは、「S・Jの作品への取り組み方は傑出しています。『ジェシカ・ジョーンズ』の成果を私たちは大変気に入っており、『The Defenders』の最初の2話を指揮するのに、これ以上才能に恵まれ、熟練した人は思いつきませんでした」と述べている。

『The Defenders』には、4作品の主演俳優であるチャーリー・コックス(『デアデビル』)、クリステン・リッター(『ジェシカ・ジョーンズ』)、マイク・コルター(『ルーク・ケイジ』)、フィン・ジョーンズ(『アイアン・フィスト』)が出演するほか、『エイリアン』シリーズや『アバター』で知られるシガーニー・ウィーヴァーが、悪役を演じることが決まっている。さらに、マーベルのTwitter公式アカウントは、『デアデビル』でカレン・ペイジを演じるデボラ・アン・ウォールと、『ルーク・ケイジ』でミスティー・ナイトを演じるシモーヌ・ミシックも、本作に出演することを発表した。

マーシャル・アーツの達人、ダニー・ランドが活躍する4作目の最新ドラマ『アイアン・フィスト』は、Netflixにて2017年3月17日(金)配信スタート。『The Defenders』も同年に配信される予定だ。(海外ドラマNAVI)