Doctors Me(ドクターズミー)- 残尿感がある時に考えられる5つの病気とは?男女で違う特徴にも注目

写真拡大

残尿感とは、排尿後もすっきり出きった感じがしないことを言いますが、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

今回の記事では残尿感が見られる時に考えられる代表的な疾患と、その原因や症状について見ていきたいと思います。

要チェック項目


□残尿感が出るのには様々が原因がある
□残尿感がある場合、男性と女性でそれぞれ特徴的な病気がある
□残尿感の原因に合致した治療が必要である

膀胱炎

膀胱炎とは読んで字のごとく、膀胱に炎症が見られる疾患のことを言います。尿道が短い女性に多く見られる疾患として知られていますが、子供の場合には男女差はそれほどないそうです。

原因


膀胱炎の原因は、細菌による感染です。尿道から入った細菌が尿路を逆流して膀胱へと侵入することで発症します。さらに逆流が続いた場合には腎盂腎炎を発症することもあるので注意が必要です。

もともと膀胱にも常在菌がいて、外部からの侵入者に対する抵抗力があるのですが、風邪を引いていたり疲労やストレスなどによって免疫力が低下していると、細菌に感染したり、細菌が増殖しやすくなります。

その他の原因としては、尿意があるのにトイレに行けなかったり我慢したり、また排尿の回数を減らそうと水分摂取を制限することによっても膀胱炎になりやすいとされています。

症状


膀胱炎の症状としては、排尿後の痛みや、何度もトイレに行きたくなる(頻尿)、残尿感や、また尿が白濁したり血が混じったりすることもあるといったことが挙げられます。放置すると発熱することもあるということです。

治療法


膀胱炎は細菌感染によって起こるので、基本的には抗生剤を用いて治療を行うこととなります。軽い膀胱炎の場合には自然治癒することもありますが、基本的には医師の指導のもとで治療を行うべきでしょう。

神経因性膀胱

神経因性膀胱は、何らかの原因によって脳の機能が損傷を受けることで発症する疾患であり、精神的なストレスなどが問題となる訳ではありません。

原因


神経因性膀胱の原因は、脳梗塞や脳卒中、脊髄小脳変性症、パーキンソン病といった脳に現れる障害や、脊髄損傷、腰椎椎間板ヘルニアといった疾患が挙げられています。

症状


神経因性膀胱の症状としては、頻尿は尿失禁、尿がうまく出せないとか出にくいといったことが挙げられています。

治療法


神経因性膀胱は膀胱に原因がある訳ではないため、脳梗塞やパーキンソン病など原因となる疾患の治療を行うことが先決となります。ただ、症状が改善されない場合には導尿治療が行われることとなります。

前立腺炎

前立腺炎は20代から30代の比較的若い男性に見られる疾患で、細菌感染によって前立腺に炎症を起こしてしまう疾患のことを言います。

原因


前立腺炎は細菌感染によって起こる疾患ですが、原因菌としては大腸菌や腸球菌、クラミジアや淋菌などが挙げられています。女性の膀胱炎と同様、免疫力が低下することで細菌感染や細菌増殖のリスクが高くなります。

症状


前立腺炎の症状としては、残尿感や頻尿、排尿時の痛み、睾丸の不快な鈍痛などが挙げられます。

前立腺肥大症

前立腺肥大症は、前立腺炎同様男性に見られる疾患ですが、前立腺炎が若い男性に見られるのに対して、前立腺肥大症は50代以降の男性に見られ始め、80代になるとおよそ9割の男性に前立腺肥大が見られるということです。

原因


前立腺肥大症の原因は、現代の医学をもってしてもいまだにハッキリとは分かっていないのが現状です。

ただ、男性にしか見られない疾患なので男性ホルモンが何らかの形でかかわっていることは間違いないと考えられているようです。

症状


前立腺が肥大することで、残尿感や尿が途中で途切れる尿線途絶、昼間頻尿や急に尿意をもおよおして我慢できなくなる尿意切迫、力まないと排尿できない腹圧排尿やそもそも尿の勢いが弱い尿勢低下、

また夜間の頻尿などが見られます。

治療法


前立腺を小さくする抗男性ホルモン薬などの薬物療法や、食習慣の改善など生活習慣を改善するように指導されます。

骨盤性器脱

骨盤性器脱は女性にのみ見られる疾患で、膀胱や子宮、直腸などが下がってくることで排便や排尿に困難が生じたり、陰部に違和感を生じることが知られています。

原因


骨盤性器脱の原因は、腹圧が上昇することです。排便時のいきみや出産がきっかけとなったり、また、重い荷物を繰り返し持ち上げるなどの仕事がきっかけとなることもあります。

症状


症状は残尿感や糞尿、排便や排尿障害、便秘や尿失禁などがあるということです。

治療法


症状が悪化している場合には手術と、その後のリハビリが必要となります。

残尿感がある時には病院を受診しましょう!

老化によって残尿感がある場合もありますが、若くても何らかの疾患によって残尿感が見られることがあります。

そのような時にはなるべく早めに泌尿器科などを受診するようにしましょう。

(監修:Doctors Me 医師)