Doctors Me(ドクターズミー)- 胃がんの症状とそのステージについて 初期症状と末期症状とは?

写真拡大 (全2枚)

胃がんはごく早期には特徴的な症状が現れにくいこともあって、発見が遅れてしまうケースもあります。

そんな胃がんを見逃さないために、ステージごとの症状について詳しく見ていきたいと思います。ぜひ参考にしてみた下さい。

要チェック項目


□胃がんは早期には自覚症状が現れにくい
□胃がんのステージは4つに分類される
□胃がんは早期発見・早期治療が重要である

胃がんとはどのような疾患のことをいうのですか?

概説


胃がんとは一言でいえば、胃にできる悪性腫瘍のことを言います。

胃には他にも肉腫や悪性リンパ腫が出来ることもありますが、胃にできる悪性腫瘍の95%以上が癌ということなので、胃の悪性腫瘍=癌と考えてもそれほど間違いではありません。

症状


胃癌はごく早期には特徴的な症状が現れないという傾向があるのですが、癌によって胃の粘膜がただれることで、みぞおち周辺に痛みが出たり、胸やけや吐き気、嚥下したものが使えるような感じがすることがあります。

また、おなかが張る感じがしたり、お腹に不快感を感じたり、胃から出血することによって吐血したり、便の色が黒くなったりすることもあります。このような時にはなるべく早く検査を受けるべきでしょう。

胃がんのステージについて・ステージ1


概説


胃がんのステージ1は、ステージ1A期と、ステージ1B期に分けられます。それぞれの病態と、生存率などについて詳しく見ていきたいと思います。

1A期


胃がんの1A期には、ガン細胞は粘膜に留まっている状態です。そのため、手術による治療が一般的で、再発の可能性も低いということです。1A期の5年生存率は9割以上ということです。

1B期


胃がんの1B期は、ガン細胞は粘膜に留まっていて、リンパ節への転移が2個以下の場合、もしくはガン細胞が粘膜下層まで浸潤している状態のことを言います。手術による治療が一般的で、5年生存率は9割以上ということです。

胃がんのステージについて・ステージ2

概説


胃がんのステージ2は、やはり2A期と2B期とに分けられます。ステージ1と同様にそれぞれの病態と生存率について見ていきましょう。

2A期


胃がんがステージ2A期とは、胃がんが粘膜下層までにとどまっていてリンパ節転移が6個以下、もしくは固有筋層までにとどまっていてリンパ節転移が2個以下、または胃がんが漿膜下組織までにとどまっていている場合のことを言います。

手術法としては、一般的には開腹しての手術が行われることが多いようです。いずれの場合も再発のリスクがあり、5年生存率は7割程度ということです。

2B期


胃がんのステージ2B期とは、胃がんが粘膜下層までにとどまっていてリンパ節転移が7個以上、もしくは固有筋層までにとどまっていてリンパ節転移が6個以下。

または胃がんが漿膜下組織までにとどまっていてリンパ節転移が2個以下、さらには胃がんが漿膜を越えて腹腔内に顔を出している場合のことを言います。治療法や10年生存率に関しては、2B期に準じます。

胃がんのステージについて・ステージ3

概説


胃がんのステージ3は、3A期と3B期、そして3C期に分けられます。ステージ3では、進行の程度によって生存率にも低下が見られますので、その辺りについて詳しく見ていきましょう。

3A期


胃がんのステージ3A期とは、胃がんが固有筋層までにとどまっていてリンパ節転移が7個以上、もしくは胃がんが漿膜下組織までにとどまっていてリンパ節転移が6個以下。

または胃がんが漿膜を超えており、リンパ節転移が1〜2個のものを言います。通常は開腹手術によってガンを取り除きますが、目に見えないガン細胞が残ってしまうため、再発のリスクが高いということです。

5年生存率は5割程度までに低下してしまいます。

3B期


胃がんのステージ3B期とは、胃がんが→漿膜下組織までにとどまっていてリンパ節転移が7個以上、もしくは胃がんが漿膜を越えているが腹膜にまでは転移が見られずリンパ節転移が3-6個個以下、

または胃がんが他臓器にまで及んでいていてリンパ節転移が2個以下の場合を言います。5年生存率は30%程度となります。

3C期


胃がんのステージ3C期とは、胃がんが漿膜を超えており、リンパ節転移が7個以上、もしくは他臓器にも転移していてリンパ節転移が3個以上のものを言います。

ガンを完全に切除することはほぼ不可能で、再発の可能性が高うということです。5年生存は30%と、生存率がかなり低下してしまいます。

胃がんのステージについて・ステージ4

概説


胃がんのステージ4は、いわゆる「末期」といわれる状態のことを言います。通常は手術を行わず、免疫治療は抗がん剤で癌細胞を小さくしてステージ3以下に戻ったら手術が行われます。

ステージ4になると5年生存率が10%以下までに低下してしまいます。このことからも分かるように、胃に何らかの異変が見られた場合、なるべく早めに医師の診察を受けることが重要となります。

早期発見、早期治療で生存率が上昇します

胃がんの怖い所は初期症状があまり顕著に見られないという点です。

毎年の健康診断を必ず受けるようにして、それ以外の時期でも胃の不調やその他の症状が続くようであれば、早めに病院を受診することが何よりも大事です。

早期に発見できれば、再発のリスクも抑えられますよ。

(監修:Doctors Me 医師)