2日、アン・リー監督の最新作「ビリー・リンの永遠の一日」の台北プレミアが行われ、監督や主演俳優ジョー・アルウィンらが出席した。

写真拡大

2016年11月2日、アン・リー(李安)監督の最新作「ビリー・リンの永遠の一日」の台北プレミアが行われ、監督や主演俳優ジョー・アルウィンらが出席した。NOWnewsが伝えた。

【その他の写真】

イラク戦争に参加し、英雄として持ち上げられるようになった青年ビリー・リンの葛藤を描く「ビリー・リンの永遠の一日」は、今月11日に全米公開を控えている。2日、台北プレミアが行われ、アン・リー監督のほか、主演のジョー・アルウィン、リー監督の息子で俳優のメイソン・リー(李淳)が出席した。

故郷の台湾で大勢のファンに囲まれたアン・リー監督。この映画では全くの無名俳優だったジョー・アルウィンを大抜てきしたが、彼の素晴らしさを絶賛し、人選が正しかったことを強調している。実際にかなりお気に入りのようで、いずれ自伝的な映画を撮る時は「ジョー・アルウィンを主役にしたい」と宣言するほどの熱の入れよう。横で聞いていた息子のメイソン・リーは、「家では僕を愛してくれたらいい」とジョークを挟み、爆笑を浴びている。

共演をきっかけに、ジョー・アルウィンと親交を結んだメイソン・リーだが、初めて台湾へやって来た彼のために特別なもてなしを用意しているという。台湾人のソウルフードで、強烈な臭気を放つ軽食「臭豆腐」をぜひ食べさせたいとコメント。どんな顔をするかが楽しみだと語っている。(翻訳・編集/Mathilda)