小松菜奈と菅田将暉が女子中高生と恋愛トーク!

写真拡大

ジョージ朝倉による同名少女コミックを映画化した『溺れるナイフ』(11月5日公開)の現役女子中高生限定シークレット試写会イベントが11月3日に都内で開催され、小松菜奈と菅田将暉が登壇。恋愛映画での主演は初めてとなった菅田が「壁ドンや顎クイを家で練習していたけれど、今回はまったくなかった」と成果が発揮できなかったと話しつつも、「自分らしいラブストーリーの映画ができた」と完成作に胸を張った。

望月夏芽役の小松菜奈

洗練された世界観と、リアルな心理描写で熱狂的に愛され続ける伝説的少女コミックを映画化した本作。田舎町へ引っ越してきた人気モデルと、容姿端麗な青年との出会いと運命の恋の行方を描く。この日のイベントには、制服着用で参加した現役女子中高生が招かれた。

ヒロインへの抜てきに、小松は「プレッシャーは原作ものにつきもの」と話し、「台本を見た時に、一番最初に名前が書いてあったのは初めて。キャストの方々の発表があった時には、負けたくないなという気持ちがありました」と強い決意とともに臨んだと言う。

その後、○×のプレートを持ち、質問に答えることとなった2人。司会から「撮影は大変だった?」と聞かれると、小松は「○じゃ足りない。二重丸」、菅田も「奇遇だね」と笑い合うなど、撮影は過酷なものとなった様子。菅田は「下手したら、公開できないかもしれないというような現場だった。それがキャスト、スタッフみんなの『何がなんでもやり切ってやる』というモチベーションに変わった。そんな経験は過去になかった」と一丸となって挑んだことを明かしていた。

また女子中高生にも○×プレートを持ってもらい、恋愛についての意識調査をする一幕も。「恋に溺れてみたい?」との質問には、小松、菅田ともに「○」と回答した。会場の女子高生の中には「×」と掲げた人もおり、菅田は「話を聞いてみたい」と興味津々。

女子高生が「恋愛だけになってしまうのはどうかな」と話すと、菅田は「親御さんが素敵なんでしょうね」としみじみ。「頭で考えるのではなくて、自分の中からポロっと涙が出た」と映画の感想を話す女子高生もおり、菅田が「役者向きな感性。ウチ(の事務所)に来ないか」と誘うなど、大いに女子中高生との交流を楽しんでいた。【取材・文/成田おり枝】