チャン・ヒョク&イ・ハナ、OCNの新ドラマ「ボイス」に出演確定

写真拡大

俳優チャン・ヒョクとイ・ハナがケーブルチャンネルOCNの新ドラマ「ボイス」(仮題) に出演する。

チャン・ヒョクは大きな事件を解決し、成功の道を歩んできたスター刑事だったが、妻が予期せぬ事故に遭ってから疲弊した人生を生きる。そして全国最低検挙率を誇るソンウン市西(ソ) 区の交番で働くことになるム・ジニョク役を演じる。

過去愛する妻が連続殺人犯に殺され、家族を守れなかったという罪悪感でこっそり妻を殺した犯人を捜しているモンスターのような刑事だ。そんな中、妻が殺された連続殺人事件の秘密を知っているカン・グォンジュ(イ・ハナ) に出会って一緒に妻の殺人犯を追跡していく。

イ・ハナはソンウン地方警察庁の112通報センターのゴールデンタイムチームのチーム長カン・グォンジュ役に扮する。見た目は可愛らしいが、警察の父の血を受け継ぎ、正義感溢れる性格だ。ハイレベルの合気道とテコンドーの腕前をもつ。

警察大学を首席で卒業し、112通報センターの隊員として働いていた中、残酷な殺人事件が発生し、事件の現場に出動した父さえも殺される状況を受話器の向こうでリアルに聞かされる。

悲劇の事件後、父を殺した犯人を捜すため、アメリカへ留学に行き、昔とは違って原則と事実を一番重要視するボイス専門プロファイラーになってソンウン市に戻ってくる。特にグォンジュは町の野良猫の鳴き声も聞き分けるほど、絶対的な聴覚をもっている。

チャン・ヒョクは「ジャンルドラマだし、推理性とヒューマニズムを同時に披露できるキャラクターを務め、どうやってストーリーを展開していくか楽しみだ」と伝え、イ・ハナは「こんなに素敵な作品にご一緒できてとても光栄で、感謝している」と抱負を伝えた。

犯罪現場のゴールデンタイムを守る112通報センターの隊員たちの熾烈な記録を描く捜査ドラマ「ボイス」は2017年1月に韓国でスタートする。