2日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の木製椅子製造工場について紹介する動画記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は椅子。

写真拡大

2016年11月2日、中国のポータルサイト・今日頭条は日本の木製椅子製造工場について紹介する動画記事を掲載した。

動画では、多くの工程が機械化された椅子製造の様子を紹介。しかし、少なからぬ工程が人手によるものであり、非常に丁寧に作業をしている様子が映っている。

これを見た中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「やっぱり日本はすごい」
「進んだ設備と正確な加工だ」
「どの工程でも真剣に作業をしているな」

「日本人のこの仕事に対する姿勢に敬服する」
「日本の製造業は世界一。自動化の程度も世界一流」
「完璧を追求する匠の精神だな。中国人もぜひ学んでほしい」

「いい工具を使っている。そしてほこりが少ない。なんてうらやましいんだ」
「加工場でみんなマスクをしていない。つまり粉塵がなくホルムアルデヒド汚染がないということだ」

「中国人は匠の精神、規格化、真面目な態度に欠けていると思う」
「中国にも匠の精神はあるし、知恵だってある。でも心が浮ついているから何をするにもすぐに成果を求め、忍耐力がない」

「真面目でどの工程も細部まで気を使っている。これこそ匠の精神だ」
「これを見るとなぜみんな日本製品が好きなのかよく分かるよ。美しくてしっかりとしている」

「ごく普通の製造工場だろ。ただ中国より工場が小さくて清潔というところが違うだけ」(翻訳・編集/山中)