「斎藤工×板谷由夏 映画工房 第29回東京国際映画祭スペシャル」は、11月7日(月)WOWOWシネマほかにて放送される/(C)WOWOW

写真拡大

WOWOWシネマなどで放送中の映画情報番組「斎藤工×板谷由夏 映画工房」による特別オールナイト上映企画「WOWOW映画工房×ジャパンプレミア feat. スター・ウォーズ in 東京国際映画祭」が、TOHOシネマズ六本木ヒルズにて行われた。

【写真を見る】斎藤と板谷が描いたダース・ベイダー。二人は迷画伯ぶりを披露した/(C)WOWOW

同イベントでは、番組のレギュラー出演者の斎藤工、板谷由夏、中井圭が登壇してトークショーを行った他、WOWOWシネマの映画枠「ジャパンプレミア」の放送作品から、日本初上映となる3作品がオールナイトで上映された。

この日のラインアップは、ダース・ベイダー役の俳優デヴィッド・プラウズの知られざる真実に迫るドキュメンタリー映画「I AM YOUR FATHER/アイ・アム・ユア・ファーザー」、女優ペネロペ・クルスが主演とプロデュースを務めたヒューマンドラマ「あなたのママになるために」、名匠マイケル・ウィンターボトム監督が放つ爆笑喜劇「スティーヴとロブのグルメトリップ」の3本。

会場には「スター・ウォーズ」シリーズを見たことがないという観客もいたことから、斎藤と板谷はそれぞれダース・ベイダーのイラストを30秒で描いて披露することに。

板谷は「自信ありますよ。板谷家はみんな『スター・ウォーズ』が大好きですから」と自信たっぷりだったが、板谷のイラストを見た斎藤が「巣鴨にこういうおばあちゃんいそうですね」とツッコむと会場は大笑い。

続いてイラストを披露した斎藤は「僕は板谷さんよりも特徴をつかんでいますよ」とこちらも自信を見せていたが、実際の絵を見た観客からは「えー」という不満の声が。結局、観客による軍配は板谷に上がったものの、二人は迷画伯ぶりを見せつけることとなった。

今回のイベントの模様は「斎藤工×板谷由夏 映画工房 第29回東京国際映画祭スペシャル」として、11月7日(月)夜8時30分からWOWOWシネマほかで放送される。