2日、韓国大統領府は朴槿恵大統領が新首相に金秉準国民大教授を指名したことについて、朴大統領が内政の第一線から退き、金氏が「内政大統領」を担当することを意味すると説明した。写真は朴大統領。

写真拡大

2016年11月2日、韓国・聯合ニュースによると、韓国大統領府は同日、朴槿恵(パク・クネ)大統領が新首相に金秉準(キム・ビョンジュン)国民大教授を指名したことについて、朴大統領が内政の第一線から退き、金氏が「内政大統領」を担当することを意味すると説明した。環球網が伝えた。

聯合ニュースは今回の人事刷新について、朴大統領の親友で民間人の崔順実(チェ・スンシル)氏の国政介入疑惑を受け、内政は金氏が、外交などは朴大統領が担う事実上の分権型大統領制だと分析。大統領府関係者は「現政権の多くの政策が変更されると思う」との見解を示した。金氏は、朴大統領が推進する歴史国定教科書に反対の立場を表明しており、現政権が推進する主要政策が延期または中止される可能性もある。(翻訳・編集/柳川)