ソ・イングク主演「ショッピング王ルイ」視聴率11.0%で水木ドラマの1位をキープ

写真拡大

MBC水木ドラマ「ショッピング王ルイ」の人気に弾みがついた。

3日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、2日に韓国で放送された「ショッピング王ルイ」の視聴率は11.0%(全国基準) で同時間帯1位になった。

同時間帯に放送されたSBSドラマ「嫉妬の化身」が9.7%で2位になり、KBS 2TVドラマ「空港に行く道」は8.5%で3位となった。

これで「ショッピング王ルイ」は奇跡的な逆走に成功した後、人気に弾みがつき、視聴率で首位を獲得した。

このドラマはソ・イングクとナム・ジヒョンが描く暖かい愛の物語を込めた作品で初回放送以来、口コミで“ランキング逆走”に成功した。