ワンランク上のオイル美容!野ばらのオイル「ローズヒップオイル」

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 ローズヒップオイル。名前からして、優雅な感じがしませんか?

 ローズヒップオイルはキャリアオイル(植物油)のひとつで、美容効果が高いため、取材で回るエステサロンさんの間でも人気があります。

「ローズ」と付くように、バラから抽出されるのですが、私たちが一般的に想像する華やかバラではなく、「野ばら」のオイルです。

 野ばらの実の中にある種から圧搾するため、それほど量はとれず希少価値が高く、キャリアオイルの中でも高価といえるでしょう。

 ローズヒップオイルは美容効果が高いことでも知られています。ローズヒップオイルに含まれる「トレチノイン酸」は、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)を高める作用があるといわれています。また、別名で「ビタミンCの爆弾」とも呼ばれるほど、ビタミンCが豊富です。そして、人の肌とpH(弱酸性)が近いため、肌なじみも良いです。

 こうしてまとめると本当に素晴らしいオイルなのですが、初心者には使いづらい側面があります。

 熱に弱く酸化しやすいため、冷蔵庫での保存が必要です。開封後はできるだけ早く使い切る必要があります。また、植物独特の香りがあり、苦手な方もいらっしゃるようです。

 そのためローズヒップオイルを単独で使うのではなく、酸化しづらいホホバオイルや好みのアロマオイル(精油)とブレンドして使うのがおすすめです。

 ローズヒップオイルは美容効果の高いオイルです。使い方だけ気を付けて、ワンランク上のオイル美容を楽しんでみてはいかがでしょうか?

キレイの先生 http://kireinosensei.com/