(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友の民間人女性、崔順実(チェ・スンシル)氏が国政に介入していた疑惑によって連日騒がしい韓国。一人の女性が大統領をも上回る権力を握っていたことに、国民たちは深い失望と絶望感に襲われているようだ。

ところが、ネットでは今の事態を風刺したギャグが次から次へに登場している。怒りを高度なギャグに昇華させようとする韓国人たちの思いが遺憾無く発揮された、5つのギャグを紹介しよう。

.好Siri

最もよく見かける「スンSiri」は、チェ・スンシルの“スン”とiPhoneに搭載されたSiriを合わせた造語だ。iPhoneユーザーがSiriになんでも聞くように、朴槿恵大統領が国政のことをなんでもチェ・スンシルに相談したという皮肉が込められている。要するに、チェ・スンシルは朴槿恵大統領にとってのSiriだった、という意味。“スンシル”という名前とも似ているので覚えやすく、なんだかしっくりくる言葉だ。

∩官宙が助けてくれる

昨年4月、ブラジルでのイベントに出席した朴槿恵大統領は、パウロ・コエーリョの小説『アルケミスト』の一節、「何かを望む時は、全宇宙が協力して助けてくれる」を言及した。また、5月のこどもの日に小学生たちにも同じことをコメントする。

演説などで度々「魂」「宇宙」「宇宙の気」といった宗教めいた言葉を使った朴槿恵大統領。その演説文を書いたのが、信仰宗教に関与していたチェ・スンシルではないかという疑惑が持ち上がり、「宇宙の気」「全宇宙が助けてくれる」は一気に流行語に。今韓国では、何かにつけて「宇宙の気運」「全宇宙が助けてくれる」と言いながら、現状を嘲笑している。

スンデレラ

シンデレラではない。“スンデレラ”だ。これは、10月31日にチェ・スンシルが検察に出席する際、取材のために集まった大勢の記者たちに押され、履いていた靴が脱げてしまったことを嘲弄する言葉。

ぐ魔はプラダを履く

チェ・スンシルが“スンデレラ”になった瞬間、ぽつんと残された靴のブランドが「PRADA」と判明。

そこで、映画『プラダを着た悪魔』の韓国版タイトル、『悪魔はプラダを着る』をパロディした、「悪魔はプラダを履く」「スンデレラはプラダを履く」などのギャグが登場した。応用バージョンとして「プラダがスンシルを脱いだ」もある。

ちなみに、チェ・スンシル所有のビルから22足のプラダの靴が発見されたという。相当なプラダ好きだったようだ。

ゥ廛螢鵐札好瓠璽ー

朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の愛娘だった朴槿恵大統領。そんな“プリンセス”である朴槿恵大統領のスケジュールを調整し、衣装をチョイスしたのがチェ・スンシルだったことが明かされ、韓国メディアはチェ・スンシルが「プリンセスメーカー」の実写版をやっていたと皮肉っている。

週刊誌『時事IN』は、「血税で楽しむ“プリンセスメーカー”」という見出しの記事で、現状を風刺。とある国会議員もSNSで「楽しかったろうな。国民の血税で…」というコメントを残し、チェ・スンシルを嘲弄した。

(参考記事:嘲笑満点の皮肉満載!! 写真で見る“崔順実ゲート”がらみのギャグが面白すぎる

(文=S-KOREA編集部)