日本を訪れる中国人旅行客の多くは、日本の街中では「軽自動車がたくさん走っている」と驚くという。2015年において軽自動車は新車販売台数の36.7%を占めたことから、日本では軽自動車は消費者に広く支持される存在だと言えるだろう。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本を訪れる中国人旅行客の多くは、日本の街中では「軽自動車がたくさん走っている」と驚くという。2015年において軽自動車は新車販売台数の36.7%を占めたことから、日本では軽自動車は消費者に広く支持される存在だと言えるだろう。

 一方、SUVが人気となっている中国では、確かに軽自動車はほとんど見かけることのない車種と言える。日本人が軽自動車を支持する一方で、中国で軽自動車の販売が伸びない理由は一体何なのだろうか。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本と中国での売れ筋の車種が異なっている原因を考察し、中国の消費者にとっての自動車とは「他人と比較した時の自分を輝かせるための存在」であるからだと論じた。

 記事は、日本人に支持される軽自動車が中国で売れない原因の1つとして、日中消費者の考え方の違いを指摘、中国の消費者にとっての自動車とは「他人と比較した時の自分を輝かせるための存在」だと指摘。また中国人はメンツを重要視する気持ちから「より高額で、より大きく、より強く見える」自動車に憧れるため、実用性は二の次になるのだと論じた。

 一方で、日本の場合は自動車が普及してからの時間が中国よりも長いため、多くの日本人にとって「家に車があるのは当たり前」のことになっており、また消費そのものの価値観も成熟しているため、日本の消費者にとって重要なのは日々の実用性であると説明。こうした要素が日中での売れ筋車種の違いに反映されているという見方を示している。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)