(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

前代未聞の“崔順実(チェ・スンシル)スキャンダル”によって、朴槿恵大統領の支持率が急落している。

その支持率は世論調査会社「The Opinion」が1000人を対象にした10月31日の調査によると、ついに10%台を下回る9.2%に。10月(34.2%)から25%ポイントの大暴落となった。

退陣を求める声も上がっている。

「大統領は辞任すべき」が67.3%に上り、「国内政治活動を中断するべき」という回答も67.0%だ。

歴代大統領にはさらに低い支持率が!?

朴槿恵大統領としては過去最低の支持率を更新したわけだが、韓国の歴代大統領という枠で見ると、歴代最低支持率を記録したわけではない。

そもそも朴槿恵大統領に限らず、ほとんどの歴代大統領がそれぞれ低い支持率を記録してきた。

調査機関によって微妙な差はあるものの、例えば、金大中大統領は就任当初71%の支持を受けたが、次男や三男の逮捕によって24%まで落として任期を終えている。

支持率60%で任期をスタートさせた盧武鉉大統領は、実兄の不正疑惑と不動産政策の失敗などで最後は12%まで暴落。李明博大統領も任期開始直後は支持率52%だったが、米国産牛肉の輸入問題などで政権1年目に最低の21%を記録した。

歴代最低支持率の記録保持者は金泳三大統領

ただし、歴代最低支持率の記録保持者は、金泳三大統領だ。

その最低支持率はなんと6%(韓国Gallupの調査)。

金泳三大統領は就任初期は、全斗煥、盧泰愚元大統領を逮捕して、史上最高となる支持率83%を記録したが、息子の不正事件やIMF通貨危機によって、政権5年目の支持率が6%となっている。

現在、支持率9%台に突入した朴槿恵大統領。歴代最低支持率の更新も近いかもしれない。

(関連記事:不正発覚や支持率10%でも任期を満了…なぜ韓国の大統領は退陣しないのか

(文=S-KOREA編集部)