ラベルが華やかなリボンに早変わり。「コカ・コーラ」ならではのサプライズ!

写真拡大

ラベルがリボンに早変わりする「コカ・コーラ」リボンボトルが、この冬ついに日本初上陸!11月7日(月)から、リボンボトル仕様の「コカ・コーラ」と「コカ・コーラ ゼロ」(ともに500ml PET、希望小売価格・税抜140円)が全国で販売される。

【写真を見る】リボンの作り方は簡単!まずはラベルをはがす

「コカ・コーラ」リボンボトルは、ラベルをはがし、ラベルのテープ部分を引っ張ると、リボン付きのボトルに早変わりするというもの。2013年に誕生し、南米コロンビアで初めて導入された。

当初は手作業で1枚ずつラベルをボトルに巻いていたそうだが、大量生産できるマシンの開発に成功。こうして日本でも「コカ・コーラ」リボンボトルが発売されることになったのだ。

実際に試してみると、テープをスルスルと引いていき、リボンが完成した時は予想以上の驚きがあった。ラッピングに使われる、立体的なリボンシールのようなイメージだ。リボンでおめかしをしたボトルは、一気に華やかさがアップ!

クリスマスやお正月など、大切な人と過ごす特別なひと時に、彩りを添えてくれること間違いなしだ。【ウォーカープラス編集部/水梨かおる】