<中国漁船の不法操業に悩まされている韓国が、ついに機関銃の使用に踏み切った。1日、不法操業をしていた中国魚船2隻を韓国海上警察が拿捕、周囲にいた他の魚船が集まり威嚇してきたため、韓国側は機関銃700発を使用し撃退したという>

 韓国YTNなどの報道によると、1日午後、韓国の仁川沖で不法操業をしている中国魚船2隻を、韓国海上警察が発見、拿捕した。

 ところが、韓国側が拿捕した中国魚船を取り調べのために港に回航しようとしたところ、周囲にいた中国魚船約30隻が拿捕された魚船を助けようとして、海上警察の艦艇を追いかけ、体当たりするなどして妨害。海上警察は警告放送を行ったうえ、放水銃で中国魚船団を威圧した。


韓国海警が放水銃で中国魚船団を威圧 (c) 국민일보 / Youtube

 しかし、中国魚船団は全くひるむところを見せず、韓国海警は、中国の船員がいない船首と船尾に向けてM60機関銃で威嚇射撃を行った。


韓国側は哨戒機まで派遣、中国魚船団に威嚇射撃を行った。 (c) YTN / Youtube

 韓国側は海警の他、周辺海域から海軍の艦艇2隻とP3C哨戒機が支援に駆けつけ、暗くなった海域を照らして中国魚船を威圧。午後8時近くに中国魚船団は仲間の奪回を諦め、中国海域へ逃げ去った。

ニューズウィーク日本版Web編集部