写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京急行電鉄は、東京メトロと共同で開発した商業施設「中目黒高架下」の開業日を11月22日に決めたことを発表した。東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間約700mの間に、中目黒近辺にゆかりのある飲食店や関東初の店舗など、個性豊かな全28店舗が出店する。

「中目黒高架下」の整備は、目黒川から祐天寺方面へ繁華街や住宅地を貫いて開発することで、中目黒駅周辺の既存商店街や緑道との回遊性をより一層高めることを目的とした事業。高架橋というひとつ屋根の下をさまざまな店舗が共有するイメージの「シェア」をコンセプトに、「中目黒らしい街の楽しみ方」ができる新しい商店街をめざす。

施設内には、中目黒の人気店「水炊きしみず」などを手がける清水明氏が全面プロデュースする「鶏だしおでん さもん」、白金台「ルクソール」や広尾「イルメリオ」などで腕を振るった原シェフが、人気店を多数手がけるダルマプロダクションの古賀慎一氏と組んだイタリアンの店「原トリッパ製造所」、恵比寿で16年間にわたってのれんを守る鉄板焼き店の分店「鉄板焼 芯 立ち呑み屋」など、新業態や関東初出店ながらお墨付きの料理を提供する飲食店が数多く出店。

長時間じっくりスモークしたアメリカンバーベキュースタイルの肉を目黒川に面したテラス席などで提供する「GOOD BARBEQUE」、全国からそろえた150種以上の日本酒を炉端焼きとともに楽しめる「炉端のぬる燗 佐藤」など、個性豊かな店舗もそろう。

(佐々木康弘)