ドゥテルテ比大統領(ロイター/アフロ)

写真拡大

●民主主義が生む嫌米のリーダー

 10月、フィリピンのドゥテルテ大統領が「アメリカとは別れた」と中国で発言した。どうも民主化が進んだ国で民衆の支持が高いリーダーは、反米・嫌米になってしまうようだ。

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領も就任以来ごく最近まで、アメリカから離れ中国に近づいていった。日本でも民主党の鳩山由紀夫政権にその傾向があった。アメリカの力で民主化されたイラクでもエジプトでも、そうだった。

 米国内でも、同じような政治家が出てきた。トランプ大統領候補だ。トランプ氏は、ドゥテルテ大統領と奇妙な共通点を持っている。

・排他的に決めつける言動により、民主主義プロセスを通じて大衆の人気を獲得
・米国エリート層のいう人道的な「アメリカの民主主義」への強い反発
・安全保障より経済を重視

 米国社会の構造が変わらなければ、今後も「第二のトランプ」、あるいは無駄に過激な言動をしない「スマートなトランプ」が出てくる可能性は高いといわれている。同様にアジアの国際関係の構造が変わらなければ、今後も民主主義が生み出す嫌米のリーダー、「第二のドゥテルテ」や「スマートなドゥテルテ」がアジアに出てくる可能性があるだろう。

●「民主主義」さんは、アメリカをお嫌い

 アメリカは、民主主義をお好き。しかし、「民主主義」さんは、アメリカをお嫌いだ。アメリカは、世界中に民主主義の価値を説いている。アメリカ人の多くは、利害得失だけでなく、かなり素朴に世界中の人にこの幸せを感じてほしいと思っているようだ。

 そのアメリカのソフトパワーの影響を受けてできた、より民主主義的な政権は、もちろん親米的であり、アメリカの外交政策に同調してくれると、アメリカの市民も政権関係者も単純に信じているようにみえる。イラク戦争(2003〜11年)の際に、イラクのフセイン大統領を追い出せばイラク民衆が歓喜の声とともにアメリカ軍を迎えると、政権中枢の人でさえ思っていたともいわれる。

 民主主義は、正しい。アメリカは、民主主義だ。だから、アメリカの政策は正しい。そう世界中の人が認めるはずだと。

 しかし、どこかの国で、より民主主義的で民衆の高い支持が得られた政権ができると、決まって嫌米となる。対米独立路線に向かい、言うことを聞いてくれなくなる。事前のアメリカ人の期待が高いだけに、失望も大きい。

 世界の人々は、アメリカがよく言う自由と民主主義を素晴らしいと思っている。しかし、アメリカのエリート層(政治家、官僚、メディア、学者、金融関係者)が、自分の国に押しつけてくる「アメリカの民主主義」とその個別政策が嫌いなのだ。

 靖国神社参拝が日中間の大きな議論になった13年に、米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官が千鳥ヶ淵戦没者墓苑を花束を持って訪問した。間違いなく善意に基づいて、アーリントンに当たるのは靖国ではなく千鳥ヶ淵だというアピールだった。

 しかし、これをみた日本人には、左右どちらの意見を持つ者にも、自国内の意見を異にする者への反発とは種類の違う、もしかするとそれよりも強い不快感が生まれた。自分達の内心に土足で踏み込まれたような気色悪さと、上から目線の説教臭さと、ドヤ顔で「おれって、ソフトだろ」と善良ぶったアピールが鼻につく。

 このときの花束は小さなものであったが、あの調子でフィリピンなどに対して説教臭い要望をあれこれと突きつけていけば、民主主義的で民衆の感情に敏感なリーダーほど、嫌米方針になる。大衆がそれを自由な言論のもとでみていれば、嫌米政権の人気がいっそう上がる。

 米国内でも、テレビで人気を得てきたトランプ氏は、表現の自由と民主主義の申し子である。その大統領候補が、大統領選挙の不正を主張し、投票結果を認めない可能性も示している。これは、アメリカのエリート層がいう「アメリカの民主主義」を否定的に語ることで大衆の人気を得ようとしている点で、ドゥテルテ大統領と変わらない。

 このように今や、民主主義はアメリカを嫌う大衆世論を産み出しやすい。

●嫌米方針の理由

 アメリカ人には申し訳ないが、どこの国でも大衆的人気を得るには、親米よりも嫌米のほうがいい。ちなみに、ロシアのプーチン大統領も、苦しい経済状況下でもアメリカと堂々渡り合って、国内の人気を上げている。ロシアでは表現の自由が制限されているから、プーチン大統領は民主主義国のリーダーとはいいがたいという批判もある。しかし今、ロシアで表現の自由を保障し完全に公正な選挙を行ったとしても、プーチン大統領への支持は、アメリカでクリントン氏、トランプ氏の両候補が大統領選挙で得られる支持より高いだろう。自国民に人気のないアメリカの新大統領が、プーチン大統領を民主主義に基づくリーダーではないと批判できるだろうか。

 話を戻そう。こうした大衆的人気を基盤にした政権が、アメリカと距離をおくのは、いくつか理由がある。

 まずは、先に述べたようなアメリカのエリート層が説教臭く迫る政策への大衆的反発がある。それに加え、アメリカのビジネス界が「自由と公正」の名のもとに強引に迫るアメリカ企業有利のルール設定への反感がある。これらが、ポピュリズム(大衆迎合)的政治家を、反米、嫌米に向かわせる。

●嫌米方針をとる民主主義国のリーダーの勘違い

 やっかいなのは、ポピュリズム政治家が勘違いしていることだ。甘っちょろいリーダーの場合、自分はより民主主義的な政治家であるから、少しくらいアメリカに個別の政策で逆らってみても、民主主義を奉ずるアメリカは許し、支持してくれる、と勘違いする。鳩山元首相が、「オバマ米大統領に直接話をすればなんとかなる」と考えていたのは、こうした心理ではなかったか。

 確かに、アメリカは民主主義的な国を軍事的に攻撃することはしない。アメリカ世論の支持を得られないからだ。しかし、世論の関心の低い、現実の細かい外交政策は、損得勘定に基づきとても実利的だ。ときに理不尽といえるほど強引だ。友好国ならお受けなさいと。

 そこまで見てとっているしたたかなリーダーの場合、軍事的には形ばかりアメリカの側に属して、アメリカとできるだけ距離を遠くし、経済的に中国に近づく。そうすれば、アメリカ特有の「友好国への理不尽な要求」も拒否できる。嫌米により国家主義的感情を満足させ、親中による経済的メリットを出すことで、自国の大衆の人気も得られる。自国の民主主義的人気があれば、アメリカが攻めてくるということはない。そして、一応アメリカ側に属していれば、中国も本格的には攻めてこられない。

 したたかなドゥテルテ大統領が、中国で「アメリカとは別れた」と発言したのは、こうした計算ではなかったか。
 
 しかし、そのアメリカの実利的な外交政策に逆らい続ければ、アメリカによる軍事的攻撃こそないが、実務的支援を受けられない。

 実は、アメリカは軍事面だけでなく、情報、経済、金融などにおいて世界的公共財を提供している。そして多くの国において、アメリカの実務的支援を得られず、ときに世界的公共財の使用において嫌がらせをされると経済社会を維持することが難しくなる。それが何年も続くと、政権の死につながる。特に表現の自由、政治的自由がある「民主主義国」において。

 やはり、したたかに見えるリーダーも、そうそううまくアメリカと中国を天秤にかけて手玉にとって渡り歩くのはできない。そういうリーダーの勘違いによる結果の苦さを、韓国の朴大統領は、今味わっているのではないだろうか。

●安全保障と経済の優先度

 嫌米方針をとるポピュリズム的政権は、安全保障よりも経済を重視しがちだ。大衆にとっては、自分の当座の身の回りが平和ならば、経済的に豊かになることのほうが、遠く離れて行ったこともない海に、他国の船が入ってきた話よりも切実である。アジアにおいて、安全保障よりも経済を重視すれば、即ち嫌米親中になる。

 ビジネスにおいて、国内ビジネスで成功した者が、国際ビジネスで失敗する事態は、安全保障的視点を持たないから起こる。安全保障的視点の重要性と、安全保障と経済との考え方の違いを理解しないで国際的なビジネスをしていると、5年か10年に一度、地政学的リスク、カントリーリスクなどを遠因とする大きな損失や、社会的制裁を受ける大きな事故を起こしてブランドを毀損してしまう。

 実質上、「世界の警察」がいない国際社会においては、困難な状況になるほど、経済よりも安全保障が重要になってくる。

 経済においては、お金は一時的に失ってもまたがんばってその分稼げば問題はない。一方で、安全保障においては、人の命や領土領域は一度失うと戻ってこない不可逆的結果を生んでしまう。だからこそ国際社会では、究極の場面では、経済よりも安全保障を重視し、同盟パートナーもころころ変えずに長期間継続して信頼関係を醸成していく。

 また国内の成功体験をもつビジネスパーソンや、国内の治安行政の経験の長い政治家が、国際上の仕事をする場合、安全保障的視点の欠如によって思わぬ失敗をしてしまうことが多い。国内における峻烈とはいえ相手の手の内を知った者同士の争い事と、次元の違う思いもよらない対応をしてくる者を相手に、不可逆なものを守るのでは、まったく話が違うからだ。

 こうして、ポピュリスト的リーダーが、安全保障よりも経済を優先していると、5年もするとにっちもさっちもいかない状況に追い込まれる。それが国際政治のリアリズムである。

 端的にいえば、厳しい国際政治のリアリズムにおいては、ときの政権が民主主義的であることは、その政権がアメリカを好きになることとも、アメリカがその政権に好意をもってわがままを許すこととも関係はない。

 アメリカ人とその他の国のポピュリストが、このような大いなる勘違いをし続ける限り、今後何年も繰り返し同じように世界が回っていく。
(文=小林敬幸/『ビジネスの先が読めない時代に 自分の頭で判断する技術』著者)