写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●幻の2代目NSX、姿を変えて復活
2005年に初代NSXが生産終了となってから約11年。長いインターバルを経て2代目NSXが発売されたのだが、実はもっと前に登場するはずだった幻の2代目NSXが存在するのをご存知の人もいるだろう。ちょうど初代NSXが生産終了を迎えた頃にプロジェクトが進行中であることが明らかにされた、「HSV-010」である。

○開発の最終段階で発売中止に

当時、開発の最終段階にあったのは紛れもない事実のようだ。ところが、2008年のリーマンショックを受けて、本田技研工業(ホンダ)は市販化を断念。ただし、HSVの名の付く車両は、2010年からスーパーGTという国内トップカテゴリーのツーリングカーレースに出走した。

結局、HSVの市販化は見送られたまま完全に白紙となったわけだが、ホンダとしては、すでに次なるNSXを考え始めていた。

○車名が示すNSXの存在意義

さて、NSXという車名には、N=NEW、S=SPORT、X=EXPERIENCEという意味が込められている。それはすなわち、ホンダが考えるスーパースポーツの新たな走りの喜びを提案するクルマである。

初代NSXが世に出た当時、フェラーリなどのスーパースポーツといえば、もっと乗り手を選ぶ敷居の高いものだった。ところが、NSXは扱いやすく快適かつ安全で、ドライバーの意志に素直に応答するという、「人間中心」とホンダが表現する新しい領域を目指した。それが世に出るや世界中で高く評価された。

市販化の実現しなかったHSVで特徴的だったのは、エンジンの搭載位置が初代のようにコクピット後方ではなく、フロントミッドシップとされていたこと。動力源にはホンダ第3期F1を象徴するV10エンジンを用意するなど、当時の時代背景を反映したスーパースポーツとなるはずだった。

●“新たな走りの喜び”を体現する存在として
○喜びの核となる技術とは

そして今回の2代目NSXも、まさしくホンダが考える新しいスーパースポーツ像を具現化したものだ。もっとも特筆すべきは、ターボエンジン、3モーター、9速DCTの3つを核とする「スポーツハイブリッドSH-AWD(Super Handling All-Wheel Drive)」である。

開発初期においては、「新たな走りの喜び」をどういうパッケージで構築するかが検討されたが、この方向性で行くことが決まったのが2011年の終わり頃の話だという。

これはエンジンとミッションの間に配したリアモーターがターボラグを補いつつ、フロントに配したツインモーターユニットが左右輪を独立して駆動力を制御するとともに、抵抗に差をつけることで減速時のトルクベクタリングを可能としたというものだ。

ホンダはかねてから「ダイレクトヨーコントロール」に力を入れており、1996年の「ATTS」(プレリュード)や2004年の「SH-AWD」(レジェンド)などを実用化してきたが、今回のスポーツハイブリッドSH-AWDはモーターを用いているのが特徴で、より高度な制御を実現している。

○エンジンの置き方を変更する大きな決断も

一方で動力性能についても、目標をどこに設定するかについて大いに議論がなされた。エンジン形式についてはV6でいく方針を固め、V8以上にはしないことを早い段階で決めたものの、自然吸気のままでNSXとしてのステップアップを果たせるのかと自問し、すでに世にあるスーパースポーツに比肩するパワーが必要との考えから、V6のままパワーを上げるべくターボチャージャーの装着に踏み切った。

すると当初予定していた横置きでは冷却の問題が解決できないので、エンジンを横置きではなく縦置きにする必要が出てきた。これは文字にすると簡単そうに感じるが、非常に大きな決断であり、あるところまで開発が進んでいたものが、ゼロに近いところからの再スタートとなった。それが2013年のことだ。

●世界に類のないシステムも他のクルマに展開可能
開発は日米をはじめとするグローバル開発チームを主体に、ボディはアメリカ、パワートレインは日本、さらにテストなどには欧州の研究所のメンバーも加わり、日米欧の共同で進められた。

モーターというのは大きなトルクを瞬間的に出すことができるゆえ、ステアリングフィールやクルマの挙動に大きく影響を与えるので、それをいかに違和感なく仕上げるかも問題。そのあたり一連のパワートレインの協調制御こそ、他のスーパースポーツに対するNSXのもっともチャレンジングな部分であると開発関係者も述べている。

○ホンダの方向性を明確にするのがNSXの使命

ただし、世界に類のないシステムとはいえ、すべての技術は他のクルマにも展開できるものであり、ホンダが目指す方向性を象徴している。ホンダにとってNSXとは、単に高性能なスーパースポーツではなく、その時その時において新しい扉を開けていくクルマという使命を負っているわけだ。

なお、生産はアメリカの専用工場で行なわれ、日本には年間100台のみが導入される。また、2,370万円という価格に驚いた人も少なくないだろう。これも当初はもっと低く抑えられるはずだったが、前述のような経緯を経た結果、こうなった。それも時代背景を象徴するひとつの側面といえる。まずは、日本のメーカーからもこうした本格的なスーパースポーツが誕生したことに賛辞を贈ろうではないか。

(岡本幸一郎)