10月31日、中国陝西省西安市の高速道路で、警察官をヒヤリとさせる珍事が発生した。資料写真。

写真拡大

2016年10月31日、中国陝西省西安市の高速道路で、警察官をヒヤリとさせる珍事が発生した。2日付で華商報が伝えた。

同日昼ごろ、高速道路で布団を広げ寝ている男性が発見された。この異様な光景を目の当たりにした警官はすぐに男性に荷物をまとめさせパトカーに乗せた。事情を聞くと、男性は同省の咸陽市乾県に住む50代の出稼ぎ労働者で、西安市の中心まで移動している途中だった。徒歩で西安まで移動していたが、いつの間にか高速道路に入り、高速道路で1時間ほど歩いた後に疲れてしまい、平坦な道に車も通っていなかったため荷物の布団を広げそのまま眠りについたという。

その後警官は男性を一般道まで連れて行き、自腹を切り市中心に向かうバスに乗るためのお金を渡した。一歩間違えば大惨事になりかねない危険な状況だったが、幸いにも大事にはならなかった。(翻訳・編集/内山)