イケてるハーツが定期公演「AKIBA Stand-Up! Nights vol.8」を開催した

写真拡大

アイドルユニット・イケてるハーツが11月1日、東京・AKIBAカルチャーズ劇場で定期公演「AKIBA Stand-Up! Nights vol.8」を開催。11月16日(水)発売の3rdシングル「ルミカジェーン」などを披露した。

【写真を見る】新曲「ルミカジェーン」×ルミカ「大閃光」で会場はオレンジ色に!

さまざまなゲストとの2マン形式のライブが楽しめる、イケてるハーツの定期公演。今回は、平均年齢14歳の4人組・sora tob sakanaとの共演となった。

ライブはsora tob sakanaのステージでスタート。1stシングル「夜空を全部」や、7月にリリースした1stアルバム『sora tob sakana』の収録曲「帰り道のワンダー」などを歌い上げ、透明感あふれる幻想的な世界観を作り上げた。

続いてイケてるハーツが登場。ニューシングルのカップリング曲「GIRL,Me」や、この日がライブ初お披露目となる桃井はるこ作詞・作曲の「ORIGAMI」に加え、「Triangle Wave」「オペラファンタジア」「Drawing Again」といった盛り上がり曲で会場をヒートアップさせる。

ライブのラストは、ニューシングルの表題曲「ルミカジェーン」。その際、楽曲タイトルにも使われているペンライトメーカー・株式会社ルミカとの公式コラボを発表。メンバーは、新曲タイトルの「ルミカ」という言葉を聞いた時、1番に頭に思い浮かんだというルミカ「大閃光」との公式コラボに感動をあらわにする。

また、この日は入場時にルミカのペンライト「大閃光arc」が観客全員に無料配布されており、「公式コラボ」ということで観客はもちろん、ステージ上のメンバーも左手にマイク、右手に「大閃光」を装備。会場全体をオレンジ色に染め上げ、きらびやかな「ルミカジェーン」を歌い上げた。

メンバーは「『ルミカジェーン』の発売日が11月16日(水)。1116(イイイロ)の日なので、会場を大閃光で”いい色”に輝かせてくれたら嬉しいです!」と笑顔で語った。