『3月のライオン』ポスタービジュアル (C) 2017 映画「3月のライオン」製作委員会

写真拡大

羽海野チカ原作の同名人気コミックを、『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督が2部作で実写映画化する『3月のライオン』。この映画の特報と第1弾ポスタービジュアルが解禁となった。

[動画]解禁となった『3月のライオン』特報

本作は、中学生という異例の若さで将棋のプロとしてデビューし、今は東京の下町でひとり暮らしをしている17歳の桐山零(神木隆之介)が主人公。幼い頃に家族を交通事故で亡くし、孤独を抱え、来る日も来る日も、すがりつくように将棋を指し続けていた零だったが、ある日、同じ下町に住む3姉妹・川本あかり(倉科カナ)、ひなた(清原果耶)、モモと出会い、しばしば彼女たちの家に食事に招かれるようになる。それは零にとって、将棋以外の“自分の居場所”との出会いでもあったというストーリー。

解禁となった特報は「若き天才と呼ばれる、17歳のプロ棋士・桐山零。しかし彼には、家も、家族も、居場所も──、何もなかった」というナレーションとともにはじまり、そんな孤独な零をやさしく受け入れる川本3姉妹や、人生を賭けた闘いを繰り広げるプロ棋士の島田・後藤・宗谷、零を見守る義父の幸田、良き理解者の林田先生などの姿が映し出されていく。

さらに特報には、未発表のキャラ・二海堂晴信も一瞬登場。零のライバルであり、“心友”として人気の高いこの役を演じているのは一体誰なのか? 正式発表されていない、このキャストにも注目だ。

一方のポスタービジュアルには、「闘うことでしか生きられない。」というコピーとともに、様々な表情を見せる各キャラクターがズラリ勢ぞろい!

『3月のライオン』は2017年3月18日より『前編』、4月22日より『後編』が2部作連続で公開となる。