写真提供:マイナビニュース

写真拡大

「東武鉄道クレヨンしんちゃんラッピングトレイン」の車両撮影会が2日、南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)にて実施された。「クレヨンしんちゃん25周年記念企画 オラのマチ春日部にくれば〜」の一環で、11月3日から運行開始される。

「クレヨンしんちゃん25周年記念企画 オラのマチ春日部にくれば〜」は、クレヨンしんちゃん25周年記念プロジェクト実行委員会が埼玉県・春日部市・東武鉄道と連携し、『クレヨンしんちゃん』の街、埼玉県春日部市を盛り上げる特別プロジェクト。2016年11月3日から2017年5月中旬までの期間限定で実施され、今回のために描き起こされたオリジナルデザインを用いての各種プロモーション企画が展開される予定だ。

「東武鉄道クレヨンしんちゃんラッピングトレイン」は50050型1編成(50055〜51055の10両編成)を使用し、車体前面・側面を黄色くラッピング。オリジナルデザインのヘッドマークも掲げられた。鼓笛隊に扮した「かすかべ防衛隊」をはじめ、しんちゃんの家族やぶりぶりざえもん、アクション仮面など、おなじみのキャラクターも車体側面にデザインされた。車内では今回の特別プロジェクトで展開される各種プロモーション企画の広告が掲出されたほか、『クレヨンしんちゃん』劇場版の歴代作品も紹介されている。

車両撮影会ではしんちゃん(着ぐるみ)も登場。車体前面の種別・行先表示器には「クレヨンしんちゃん」「かすかべ」と表示された。東武鉄道によれば、このラッピングトレインは久喜・南栗橋〜中央林間間で運行される予定で、「東京メトロ半蔵門線・東急田園都市線の沿線の方々にも、『クレヨンしんちゃん』の舞台である春日部市の魅力、さらには東武鉄道沿線の魅力も広く発信していきたい」とのことだった。

「東武鉄道クレヨンしんちゃんラッピングトレイン」は約半年間の運行を予定しており、11月3日には春日部駅で出発式が開催される。同じく11月3日、春日部駅東口では『クレヨンしんちゃん』のラッピングを施した春日部市コミュニティバス「春バス」の出発式も開催される予定だ。「クレヨンしんちゃん25周年記念企画 オラのマチ春日部にくれば〜」ではその他、東京ソラマチでの「ビストロ オラマチ」、ララガーデン春日部での「ブリブリシネマスタジオクレヨンしんちゃん特別展示」「ビストロ オラマチ in カスカベ(ポップアップ・キッチンカー)」といった企画も用意されている。

(上新大介)