トビー・ジョーンズ

写真拡大

人気ボーイズグループのバックストリート・ボーイズやイン・シンクを手掛けたプロデューサー、ルー・パールマンの人生を描くTVシリーズのキャスティングが発表された。米Varietyが報じている。

パールマンが手掛けた数々のボーイズグループの中でも特に大きな成功を収めたバックストリート・ボーイズは、1995年にデビューするとアルバムセールスが累計1億3000万枚を超える世界的なグループへと成長。しかしながら、パールマン自身は2007年に出資金詐欺の容疑で逮捕され25年間の禁固刑を科されていた。心臓を患っていた彼は、8月19日に刑務所から移っていた病院先で息を引き取った。62歳だった。

今回の企画ではThe New Yorkerの「We Live in the Pop-Culture World That Lou Pearlman Created」という記事を参考に、ビジネスで成功しながら転落してしまったパールマンの人生を描くミニシリーズが製作される。関係者の情報によると、未だ放送局は決定していないが4つの局が興味を示しており、近いうちに発表できるとのこと。ケーブル放送やストリーミング配信にも売りに出されており、現在は脚本家や監督を探している段階だという。

そしてこのたび、トビー・ジョーンズがパールマン役に選ばれた。『キャプテン・アメリカ』シリーズのドクター・ゾラ役で知られる彼は、同役で『エージェント・カーター』にゲスト出演しているほか、『ウェイワード・パインズ 出口のない街』や、『名探偵ポワロ オリエント急行の殺人』などで活躍している。(海外ドラマNAVI)