Doctors Me(ドクターズミー)- 《ドラマ 逃げ恥》契約結婚の気になる“男女別 メリット・デメリット”

写真拡大 (全5枚)

新垣結衣さんと星野源さんが出演している、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が、第4話の時点で自己最高視聴率を出し、ニュースになっております。

「逃げ恥」とも略され、放送終了後には関連キーワードがトレンド入りするのも恒例に。

ドラマのテーマは「契約結婚」。今の時代のニーズにもマッチしている関係の築き方でも話題ですが、契約結婚とはどういうものなのでしょうか?

契約結婚とは

あらかじめお互いが認めたルールに従って結婚生活を進める結婚のことです。例えば生活費はそれぞれ別会計で行う、入籍はしない、浮気は自由などのようです。

主婦業におけるストレスの原因


■ 家事は労働とみなされない

■ 主婦業には休みがない

■ 社会で行い仕事は顧客等から感謝されたりするが、家事の場合は家庭内で感謝されないことが多い。

■ 社会と接する機会が減るため、人間関係が広がらない。

■ 掃除、洗濯、食事と、毎日単調になりがちである。

■ 経済的に依存しているため自立できない

家事が給料として支払われた場合、その好影響とは?

主婦


主婦の方はやる気をもって取り組めるようになり、仕事が丁寧になると考えられます。自分の家事が仕事と認められるようになり喜びも感じられるのでは。


家事は労働であると認識し、感謝の気持ちを持てる契機になりうる可能性があります。

契約結婚のメリット


男性編


精神面
・ 自分が養う、守っていくという責任感をもたなくても済む可能性がある
・ 通常の結婚よりも離婚しやすい
・ 通常の結婚よりも気楽に考えられる

金銭面
・ 通常の離婚とことなり、事前の契約により離婚をする場合にも慰謝料などの心配がなくなる

恋愛面
・ 事前の契約によっては自由に恋愛ができる

家事面
・ 質の高い家事を要求することができる

女性編


精神面
・ 家事に対する対価があり家事をする喜びに繋がる

経済面
・ 定年がない
・ 終身雇用である
・ 得た収入は好きなことに使える
・ 貯金ができたら離婚=退職も考えられるようになり、自由が広がる

社会面
・入籍しなければ改姓の必要がない。

契約結婚のデメリット


男性編


精神面
・相手との関係が希薄になりがちであり、精神的な安定が得られにくい

金銭面
・ 入籍しない場合は、配偶者控除などの税制上の優遇が受けられない
・ 結婚契約書をつくる費用がかかる

社会面
・ 両親、親族の理解が得られにくい
・ 家庭があるということで一般的に得られる社会的信頼が得られない

女性編


精神面
・通常の結婚のように精神的に支えられる部分が減少することがあるので精神的安定が得られにくい

社会面
・ 両親、親族の理解がえられにくい

金銭面
・離婚されやすく、収入源を失いやすい
・ 夫に収入がなくなった場合、次の相手を探さなくてはならない
・ 入籍しなければ、健康保険料などを別途自分で支払わなければならない
・ 事前の契約によって、離婚しても慰謝料が得られない可能性がある

契約結婚で事故・病気になったときの注意点


基本的に、不妊治療で体外受精などを行う場合は、法的に夫婦であることを要件としている医療機関が多いです。従って入籍はしないが子供が欲しいと思った場合で、かつ不妊治療を行うようなケースは医療機関が真面目に取り合ってくれないケースがあります。

最後に先生から一言

結婚や恋愛、それを含めた生活のあり方には、個々人の考え方は様々であり、多様性は受け入れられるべきであると思います。しかしあまり浸透していないものであるために法律上は不利益を被ることも多く、しっかりと吟味して進めなければならないことだと思います。

(監修:Doctors Me 医師)