入江くんを演じる佐藤寛太、監督からの言葉に感激!

写真拡大

第29回東京国際映画祭(TIFF)特別招待作品『イタズラなKiss THE MOVIE〜ハイスクール編〜』の舞台挨拶が11月2日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、佐藤寛太(劇団EXILE)、美沙玲奈、山口乃々華、大倉士門、灯敦生、溝口稔監督が登壇。溝口監督から「入江直樹が降りてきた」と絶賛された佐藤が、「ありがとうございます!」と感激の面持ちを見せた。

【写真を見る】佐藤寛太、美沙玲奈ら『イタキス』メンバーが制服姿で登場!

原作は、累計発行部数3500万部を超える多田かおるによる大人気少女漫画。ドジで落ちこぼれな女子・相原琴子とイケメン天才男子・入江直樹が様々なトラブルに見舞われながらも、恋を実らせていく様がつづられる。

長く多田かおるの作品に携わってきた溝口監督は、多田が亡くなってからも、ファンからの「イタキスは私にとって恋のバイブル」「終わらせてほしくない」といった熱いメッセージを目にする機会が多かったそう。「いちファンの代表として、僕自身が楽しんで見たいと思える映画を作りました」と完成作に胸を張る。

また、キャラクターへのハマり具合にも大満足の様子で、キャスト一人一人に絶賛の言葉を送った溝口監督。伝説的人気キャラクターで、頭脳明晰・スポーツ万能の入江役を演じた佐藤については、会った瞬間に「すげえ、入江直樹っぽいなと思った」そう。「続編では、テニスのシーンでサーブを決めて、長ぜりふを言うシーンがある。それを一発で決めてくれた。さすが入江直樹!」と惚れ惚れ。

さらに「入江直樹が降りてきた。演技を通り越して、『俺は入江直樹なんだ』というゾーンに入っていた」と褒め称えると、佐藤は「初めて聞いた」と驚き、「ありがとうございます!」と感激しきりだった。

最後に佐藤は、これから続いていくシリーズに言及し「これからみんな成長していきますし、僕らの俳優としての成長と照らし合わせながら、これからのシリーズを心待ちにしていただければ」と呼びかけ、大きな拍手を浴びていた。【取材・文/成田おり枝】