写真提供:マイナビニュース

写真拡大

厚生労働省は11月1日、個人型確定拠出年金の愛称iDeCo(イデコ)のロゴ決定を発表した。

決定したロゴで、"i"は「私」を表現、"e"と"o"は笑顔や好奇心などの人の表情を連想させ、 親しみやすさを演出した。全体として明るい未来を表現したという。

今後、確定拠出年金普及・推進協議会等が作成するポスター・チラシなどの広報媒体で活用するほか、金融機関等の商品広報媒体、報道の機会に利用してもらい、個人型確定拠出年金制度の認知度向上を図っていく。

また、国民年金基金連合会は11月21日から、2017年1月より新たにiDeCoの加入対象となる、第二号被保険者(企業年金加入者、私学共済加入者、公務員等)及び第三号被保険者を対象とした事前受付を開始する。