11月2日、EXシアターにて第29回東京国際映画祭特別招待作品『聖(さとし)の青春』の舞台挨拶が行われ、出演する松山ケンイチさん、東出昌大さんらが登壇しました。


(c)Nosh

『聖の青春』は、わずか29年の生涯で幕を閉じた、病と闘いながら将棋に全てを賭けた、将棋棋士・村山聖の人生を描いた物語です。

天才・羽生善治の最大のライバルだった村山さんを松山さんが演じました。


(c)Nosh

松山さんは、「日本の伝統的な文化でもある将棋、粋な美しさが存分に描かれている作品なので、ぜひ世界中の方々に観ていただきたいと思っています!」と映画祭という場にそぐう素敵なコメントを残しました。

冒頭、「ヒロインの東出です」と笑いをとった東出さんでしたが、「今の若者もわからないような人もいる複雑な将棋のルール。ただ、人としての生き方が映っていて、男同士の戦いもあって、それは世界共通だと思うんです。将棋のルールがわからない方が観ても、絶対に伝わるものはあると思います」と、松山さんに負けないくらい熱い気持ちを乗せました。


(c)Nosh

舞台挨拶の中盤では、スペシャルゲストに吉田沙保里選手、三宅宏実選手、羽根田卓也選手というメダリストが花束を手に登場!


(c)Nosh

東出さんに花束を渡した三宅選手でしたが、ご覧ください、この身長差!


(c)Nosh

何とも言えない萌えポイントですよね♡

そんな三宅選手は本作を一足先に観たそうで、「たくさん涙を流しました。プロ棋士にかける思いが熱く伝わる作品で、実話なので胸に響くものがありました。もし私が病気でも好きなことを最後までやり遂げたいなと思う、そんな気持ちになりました」と絶賛していました!


(c)Nosh

『聖の青春』は11月19日(土)より全国公開です!

【関連記事】

※ 吉沢亮、年上女性とデートするならどんなプラン?

※ 夏木マリが「H.I.S」ヨーロッパ親善大使に!ゴージャスなパリツアーを企画

※ BOYS AND MEN出演映画、ついに公開!【メンバーコメント全文掲載】

※ オダギリジョー、宮沢りえからの突っ込みに笑顔「胸がいっぱいで何もしゃべれない」

※ 斎藤工、高梨臨のために奔走!? 「アイスマンでした」