【REPORT】ヨ・ジング、3度目の日本ファンミーティング開催!見せた&聴かせたアットホームな空間にファンもほっこり

写真拡大 (全7枚)

子役として活躍し、今年ドラマ「テバク」で成年演技に初挑戦したヨ・ジングが、10月23日、東京 品川インターシティホールにて約一年ぶりとなる日本でのファンミーティング「YEO JIN GOO FANMIEETING 2016“Happy Magic Hour”」を開催。

数え年で今年20歳。少年と大人の狭間である“今この瞬間”にだけ放つことができる輝きを持つ自身の姿を、夕暮れと夜の狭間に現れる薄明の時間帯“マジックアワー”に重ねたタイトル通り、あどけない少年と凛々しい青年の魅力をアピールするイベントとなった。
真っ暗のステージに青いライトが灯り、温かな秋の装いに身を包んだヨ・ジングが、さっそうと登場。最新作「テバク」の挿入歌「同じ願い」を、落ち着いたローボイスでしっとりと歌い上げた。この日のためにボーカルレッスンを受けたというだけあり、ファルセットを気持ちよく決めるなど、その歌唱力はかなりのもの。歌が終わり、口角をぐっと上げクシャっと笑う“ジングスマイル”を見せると、会場には割れんばかりの拍手の音が響いた。

MCを務める古家正亨さんが登場し、本格的にイベントがスタート。最近日本語の勉強をしているそうで、挨拶から流暢な日本語にびっくり。MCに「やり取りも完璧ですね」と褒められると、「そうですか? 良かった! 完璧だ!」と喜んだ。

自身三度目となる日本ファンミーティングが始まる気持ちを聞かれると「成人になって初めての会なので、とてもドキドキしています。今、とっても、とっても、とっても、とっても、と〜っても新鮮な気持ちです」と、何度も“とっても”を重ね嬉しい気持ちを表現していた。

ここからは椅子に座り、じっくりと話を聞くことに。まずは、現在撮影中だという映画「代立軍」の話から。今作で、これまで多くの俳優が演じてきた光海君役に挑戦しているヨ・ジングは「今まで描かれてきた光海君とは違い、僕と似た年の頃を描いています。大人のような振る舞いを見せたかと思えば、時には子供のように見えることも。新しい光海君像を見せられると思います」と役柄を説明。MCに「ヨ・ジングさんだからこそできる光海君ということでしょうか?」と聞かれると、「そうです!」と力強く答えた。

プライベートをのぞき見する「生活記録簿トーク」コーナーでは、名前や趣味など、プロフィールのすべてをヨ・ジング自身が日本語で記入した直筆プロフィールシートがステージ上に登場。“ヨ・ジング”の“ン”が“ソ”となっていて突っ込まれたりもしたが、趣味の欄に“映画鑑賞”と漢字で書いたり、性格を“外では活発、家では干物男”と書くなど、日本語を一生懸命勉強しているのが垣間見えた。

ちなみに、最近は昔の映画をよく見ているそうで、黒澤明監督の「羅生門」や「乱」がお気に入りだとか。20歳の渋い趣向に「さすが、優等生」とMCも感心していた。

驚いたのは座右の銘。「春は誰にでもやってくるが、人生の春は努力したものにだけやってくる」と自作の文を披露すると、その深い言葉に、「おお!」とファンも感心。MCも「本当は何歳?」と感嘆していた。

国語・音楽・道徳・体育に関連するお題に挑戦し、MCが成績を付けるコーナーでは、
好きな人への告白の言葉を披露したり、お気に入りの曲をアカペラで歌ったり、歩数計をつけて体をフリフリしまくったりと体当たりで挑戦し、ファンを楽しませていた。

ここからは、代表作を振り返るコーナーが展開。10歳で出演した「イルジメ」から、最新作「テバク」まで、出演作の名場面がフラッシュで流れた。

一番印象に残っている作品を聞かれると「難しいですね……。全ての作品に思い出される瞬間がありますが、やはり「テバク」は記憶によく残っています。“グンちゃん”も子どもの頃から演技をしているのですぐに意気投合。弟として可愛がってもらいました」とヨ・ジング。「今後は今、この時しかできない役、青春を感じる役がやってみたい」そうで、会場から「悪役!」とリクエストが飛ぶと、「ぼくもやってみたいです」と意欲を見せた。