武田薬品は2日、国連財団によるワクチン接種推進キャンペーン「Shot@Life」と連動して行われる「はしか予防接種のグローバル展開プログラム」を同社単独で支援するとし、同プログラムの実施にあたり、国連財団に対して10億円を寄付したと発表した。アフリカ、アジア、ラテンアメリカなど途上国約40カ国において、10年間で540万人以上の子どもたちにはしかワクチンを接種することを目指す。

 はしかは伝染力の高い疾患の一つであり、ワクチンによって救える可能性があるにもかかわらず、年間11万5千人の世界の子どもたちが亡くなっており、そのほとんどが、ワクチン接種が困難な低所得国で発生している。

 同社は国連財団と連携し、2016年から2026年の10年間で、540万人以上の子どもたちに対して、はしかワクチンを提供する活動を支援。また、国連財団から、同社の従業員に対して、ワクチンや予防接種に関する講習を受ける機会や現地視察などの機会が提供される。