暴力的な娘を止めようとした母も重傷(出典:http://www.sheriff-okaloosa.org)

写真拡大

暴力的な言動を抑えられない子供の存在に親が苦労を強いられることも多いこの世の中。このほど、米フロリダ州オカルーサ郡の警察がある娘の逮捕について伝えた。

フロリダ州オカルーサ郡のベイカーという町で10月27日、家庭内暴力の末に母親に重傷を負わせた女が逮捕された。オカルーサ郡保安官事務所の発表によると、逮捕されたのはシャナ・バーネットという41歳の娘。顔面を殴られるなどシャナの暴力の被害に遭ったのはその家にいた高齢女性ばかり2名である。

逮捕の2日前、10月25日に事件は起こった。66歳の女性への激しい暴力を止めに入ったのは、歩行補助器をするなど身体の自由が利かない64歳のシャナの母親であった。「この女を黙らせろ。それとも次はお前を殴るか」とすごむ娘に母親は警察への911番通報を決意したが、あっという間に携帯電話を奪い取られた。娘に首をつかまれ床に叩きのめされた母親は、右脚を骨折して「ノース・オカルーサ医療センター」に運ばれたという。

通報により27日、シャナは逮捕され、65歳以上の高齢者に対する虐待と暴力、および家庭内暴力の重罪ほかの容疑で起訴されるもよう。シャナは66歳の女性に暴力をふるったきっかけについて「雇用機会について意見の食い違いがあった」と供述しているという。

出典:http://www.sheriff-okaloosa.org
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)