ブライアン・クランストン

写真拡大

大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』の主人公ウォルター・ホワイト役で大ブレイクしたブライアン・クランストンが、出演したトーク番組の中で俳優になる前にしていた仕事を告白し、話題を呼んでいる。米Belfast Telegraphが伝えた。

『ブレイキング・バッド』でエミー賞主演男優賞に6度ノミネートうち4度受賞、『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされるなど、ハリウッドで最も活躍が期待されている俳優の一人であるブライアン。そんな彼は先日、英BBCのトーク番組『The Graham Norton Show(原題)』に同じく注目俳優のベネディクト・カンバーバッチ、エディ・レッドメインと共に出演し、俳優として活躍できるようになる前に、恋人紹介のサービス会社でデート相手を探すお手伝いの仕事をしていたことを告白した。

ブライアンが1980年代当時はビデオテープを使って紹介を行っていたと説明すると、番組ホストはブライアン、ベネディクト、エディにそのビデオ撮影に挑戦しようと提案。即興で自己PR動画の撮影が始まったのだ。

まずはブライアンが先手を切り、「ハイ! ブライアンだ。僕は60歳だ。3人でするのが好きなら覚えていてほしい。僕は『マルコム in the Middle』が好きだよ!」と、大人なジョークを交えながらも、いたずらな笑顔を見せ、過去の出演ドラマでアピール。次に挑戦したのはエディ。彼は突然のフリに緊張した様子だったものの、「ハイ! 僕はエディだ。34歳だよ。ファンタスティックなビーストを探しているなら、どこで僕を見つければいいかわかっているよね」と、ブライアンを真似て出演作をアピールするジョークで笑いを誘った。最後のベネディクトも「ハイ! ベネディクトだよ。でも、ビッグ・ベンと呼んでくれてもいい。僕は...30歳とかそこらだ。もし何か変な感じ(ストレンジ)がするなら、すぐにお医者さん(ドクター)に見てもらうといい」 と、しっかり新作映画を宣伝した。

エディ・レッドメイン主演の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は11月23日(水・祝)に、ベネディクト・カンバーバッチ主演の『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日(金)に日本で公開される。(海外ドラマNAVI)