ポン・ジュノ監督、仏芸術文化勲章を受章

写真拡大

韓国映画「殺人の追憶」「グエムル−漢江の怪物−」などを手がけたポン・ジュノ監督が、フランスの芸術文化勲章オフィシエを受章する。

在韓フランス大使館によると、10日にシネマコンプレックス(複合型映画館) CGVの一部で開かれるイベント「フレンチシネマツアー2016」の開幕式でポン監督に勲章が贈られる。

この勲章はフランス文化省が運用する名誉勲章で、芸術や文学分野で秀でた創造性を発揮しフランスおよび世界文化界に貢献した人物に授与される。

これまでの受章者にはティム・バートン、シャロン・ストーン、エルトン・ジョンらがいる。

韓国人では女優ユン・ジョンヒが受章している。