言語が得意なリンジー・ローハン (c)Imagecollect.

写真拡大

アメリカ人女優のリンジー・ローハンが、アメリカ訛りの英語から奇妙なアクセントになったと話題になっている。

アメリカで生まれて育ったリンジーは近年イギリスで暮らしており、主にヨーロッパを移動している様子。そんなリンジーが最近ギリシャにいた時に受けたインタビューが公開されて、リンジーの英語のアクセントがアイルランドのような、ヨーロッパの言語が混ざったような訛りになったとツイッターやメディアで話題に。

そして、リンジーは英「デイリー・メール」紙に自身の新しいアクセントについて、「私が理解できたり、学んでいる言語のミックスよ。子供の頃からさまざまな言葉を学んでいるの。私は英語とフランス語を流暢に話せて、ロシア語を理解できるわ。それから、トルコ語とイタリア語とアラビア語を学んでいるの」とコメントしている。

リンジーはその後ツイッターに「私の新しいアクセントを何て呼ぼうかしら? 考えているの。# リローハン」とツイートした。

リンジーは女優という職業だけにほかの英語の訛りの習得が早いに違いない。きっと今のリンジーの頭の中ではさまざまな言語や発音が飛び交っているのだろう。【馬場 かんな】