写真提供:マイナビニュース

写真拡大

丸の内イルミネーション実行委員会は11月10日、「丸の内イルミネーション2016」を丸の内仲通り、大手町仲通り、JR東京駅周辺にてスタートする(大手町エリアは11月17日から開始)。期間は2017年2月19日までを予定している。

同企画は、冬の風物詩のイルミネーションで街を彩る恒例のイベント。15年目となる今年は、大手町フィナンシャルシティと協力し、今年4月に竣工した「大手町フィナンシャルシティ グランキューブ」や7月にオープンした星野リゾート「星のや東京」が隣接する大手町仲通りに点灯エリアを拡大する。

期間中はブランドショップが通りを彩る約1.2キロにおよぶエリア内の街路樹など合わせて約250本を、丸の内オリジナルカラー「シャンパンゴールド」のLED約103万球で彩り、クリスマスシーズンの華やかな街並みを演出する。

点灯時間は17時30分〜23時、12月1日〜28日は17時30分〜24時を予定している。

(フォルサ)