ソン・ジヒョ、中国進出作品「ソン・ジヒョの深セン恋歌」が韓国で公開決定…11月10日上映

写真拡大 (全2枚)

ソン・ジヒョの初めての中国進出作でありロマンチックコメディ「ソン・ジヒョの深セン恋歌」(監督:イム・ウィギ、配給:風鈴の音) が、韓国で11月10日の公開を確定してメインポスターとスチールカットを公開した。

「ソン・ジヒョの深セン恋歌」は、1970年代、80年代、90年代に生まれたそれぞれ違う世代が成功に向かって走って行く3世代・3色のラブストーリーで、今秋ただ一つ女心を攻略するラブコメディだ。中国で先立って公開されて熱い反応を得て、韓国では11月10日に公開を確定して、甘いムードあふれるメインポスターとスチールカットを公開した。

SBSバラエティ「ニュー!日曜日は楽しい−ランニングマン」ではボーッとしてるキャラクターで、韓国はもちろんアジアで爆発的な人気を得ているソン・ジヒョの初めての中国進出作で、台湾のトップ歌手であり俳優であるケンジ・ウー(吳克群) 、大陸の清純セクシー女優チョウ・ユイファン(趙奕欢) と共に主演した映画「ソン・ジヒョの深セン恋歌」がいよいよ韓国で公開される。

ソン・ジヒョは中国で開かれた制作発表会で、「70年代、80年代、90年代に生まれたそれぞれ異なる世代の成功とラブストーリーに魅力を感じた」と、出演所感を伝えて胸のときめきと期待を表した。ソン・ジヒョが引き受けたソン理事役は徹底したプロ識を持つ能力あるキャリアウーマンで、思わぬ謀略の罠にはまるが賢明に対処して自ら解決する能力を発揮するキャラクターだ。ソン・ジヒョの優れた演技力に、魅力的な人物で誕生させたという評価を得た。

公開確定と共に公開されたメインポスターは、成功に向かって仕事に挑戦的であり愛には熱情的な三人の男女のキャラクターが魅力的に感じられる。ロマンチックな音楽が流れるような楽譜のポスターの背景は、仕事と愛に落ちる青春真っ只中の男女の情熱と交錯したロマンスを暗示している。現在中国で最高の人気を謳歌している台湾出身の俳優であり歌手であるケンジ・ウーがイケメンな容貌で女心を刺激して、謀略の罠にはまったキャリアウーマンでありケンジ・ウーと甘いロマンスを繰り広げるソン・ジヒョの明るい微笑は、「ランニングマン」で見せてきたキャラクターとは異なる“ロマンスの女神”でとしての復帰を知らせている。

「ソン・ジヒョの深セン恋歌」は、韓国で11月10日に公開予定だ。