EXO レイ、1stソロアルバムの先行販売が20万枚を突破…グローバルな関心が勢いを増す

写真拡大

EXOのレイが、28日発売された1stソロアルバム「LOSE CONTROL」の韓国先行販売で20万枚を売り上げたのに続き、中国の音楽配信サイトでもブームを巻き起こしている。

レイは10月28日、1stミニアルバム「LOSE CONTROL」を韓国と中国で同時に発売し、中国語アルバムであるにもかかわらず、韓国で発売前から好反応を得ており、先行注文20万枚という記録を打ち立てて、アルバムキングらしいパワーを見せつけた。

また、レイは中国でも同時公開された今回のアルバムのタイトル曲「LOSE CONTROL」で中国の音楽配信サイトxiami musicの新曲チャート1位をはじめに、収録曲全曲がトップ10入りし、ストリーミング、ダウンロード、ファンの参加などのデータを合算して発表するALIBABA MUSICリアルタイム及び週間チャートでも、先行公開された「what U need」を含めて、今回のアルバム全曲まで7曲で1〜7位を独占する底力を見せ、現地での高い人気を証明した。

また、iTunesを通じて全世界に公開された今回のアルバムは、発売直後にタイ、香港、ベトナム、マレーシアのアジア4ヶ国のiTunes総合アルバムチャートでも1位を獲得したのはもちろん、フィンランド、ノルウェー、ルーマニアなど、ヨーロッパを網羅する世界12地域の総合アルバムチャートでもTOP10入りを果たし、レイのニューアルバムに対する世界的な関心を実感させた。

今回のアルバムは中国語の楽曲6トラックで構成されており、レイが全曲の作詞・作曲・編曲まで手がけ、自身だけの音楽スタイルを盛り込んだアルバムであり、シンガーソングライターとしての能力も確認させた。また、実力派プロデュースグループのDEVINE-CHANNELも作曲及び編曲に参加して完成度を高めただけに、今後も国内外から人気を浴びるものと期待される。

レイはEXOの活動を始めに、SM「STATION」を通じてソロ曲「Monodrama」を発売して好反応を得ており、中国・江蘇衛星TVドラマ「好先生」、東方衛星TVドラマ「老九門」など、出演作品2本が相次いでオンライン累計再生回数100億回を突破するなど、韓国と中国を行き来しながら様々な分野で活躍している。