ベントレーのプレミアム2ドアクーペ『コンチネンタルGT』次期型が、ニュルブルクリンク・ノルトシュライフェで高速テストを開始しました。

1

次期型ではスタイルが一新されます。アウディ「Q7」、ポルシェ「パナメーラ」などと共有する最新モジュラープラットフォーム「MSB」が採用され、2016年ジュネーブモーターショーで公開されたベントレー「EXP 10スピード6 コンセプト」から多くのインスピレーションを得るようです。

プロトタイプのボディを分析すると、フロントオーバーハングは切り詰められ、ホイールベースが延長されており、より贅沢で刺激的なスポーツボディに生まれ変わります。

また、フロントグリルはワイドになり、ヘッドライトの位置も移動されているようです。

パワートレインは、コンチネンタルGT歴代最強となる600psを叩き出す、6リットルW型12気筒ターボエンジンや、大胆にダウンサイジングされる、4リットルV型8気筒ターボエンジン搭載も目玉となります。

さらに0-100km/h加速でも、過去最高の4秒という数値を出すというレポートが届いています。

ワールドプレミアは2017年3月のジュネーブモーターショーが有力です。

(APOLLO)

歴代最強!コンチネンタルGT次期型、600馬力のラグジュアリークーペがニュル見参(http://clicccar.com/2016/11/02/413039/)