エンジンは発電用! モーター駆動の日産ノートe-POWERが発売

写真拡大 (全28枚)

ガソリンエンジンから発電し、電力を利用しモーターの力で走行

日産ノートに新電動パワートレイン「e-POWER」を追加し、さらに全車に一部改良を行い11月2日より全国一斉販売が開始された。

新パワートレイン「e-POWER」は、ガソリンエンジンから発電し、その電力を利用しモーターの力で走行する。外部電力からの充電するプラグイン機能はなく、通常のエンジン車のように、ガソリンを使用することで走るシステムである。

特徴としては、「e-POWER」に搭載するエンジンは発電専用のため、効率的な作動領域を保つように自動制御をされているため、アクセル開度による影響が少なく低燃費を実現する。JC08モード燃費はe-POWER Sが37.2km/L、e-POWER Xとe-POWER MEDALISTが34.0km/Lという数値だ。

走行モードは「ノーマル」のほかに、「e-POWER Drive」をもつ。e-POWER Driveを選択するとアクセルオフだけでかなりの減速度を発生するため、多くのシーンでアクセルペダルのみで加減速の調整ができる運転を楽しめる。さらにe-POWER Driveには「Sモード」と「ECOモード」があり、キビキビとした走りをしたい場合は「Sモード」、燃費を重視した場合には「ECOモード」と、選択可能だ。

また、ノート全車の改良点としては、エクステリアとインテリアに新デザインを採用したほか、スマート・ルームミラーの追加により安全性能を向上した。さらに「ノート e-POWER NISMO」の発表を今冬に予定しているというから楽しみである。