Bセグメントのフォルクスワーゲン・ポロの現行型は2009年の登場。7年の年月を経ていますが、ステアリングやボディなどから伝わってくるしっかり感のある走りは、やや硬めの足まわりと相まって未だに国産コンパクトカーとは異なった次元に到達していてイイモノ感があります。

逆に言えば、乗り心地はややハードともいえるのですが……

1

質実剛健と表現されることが多い内・外装も、スポーティなGTIやSUV風のクロスポロ、スポーティかつエコなBlue GTをのぞくと、人によってはやや地味な印象を受けるかもしれません。

2016年11月2日に発売された400台限定の「Polo with beats(ポロ・ウィズ・ビーツ)」は、中間グレードの「Polo TSI Comfortline」をベースに、プレミアムサウンドシステムの「beats sound system」を搭載。

「beats」はアメリカの世界的オーディオブランドで、スピーカーやヘッドフォンなどのアイテムで知られています。

「Polo with beats」には、300W/8チャンネルのパワーアンプにデジタルプロセッサーを組み合わせ、6スピーカーとサブウーファーからなる計7つのハイエンドスピーカーが配置されています。

低音から迫力あるサウンドを楽しめるのが最大の特徴ですが、ほかにも内・外装に専用装備を用意。「ピュアホワイト」もしくは「フラッシュレッド」の2色が設定されるボディカラーに合わせて専用ドアミラー(ピュアホワイトにフラッシュレッド、フラッシュレッドにブラック)が組み合わされます。

ほかにも、専用デコレーションフィルム(ピュアホワイトにフラッシュレッド/シルバー、フラッシュレッドにブラック/シルバー)、16インチアルミホイール(ピュアホワイトにホワイト、フラッシュレッドにブラック)などを用意。

「Polo with beats」の価格は239万9000円で、台数はピュアホワイト、フラッシュレッドともに各200台、計400台限定となっています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

オーディオと華やかさにこだわったポロの新境地!?  「Polo with beats」が限定販売
http://clicccar.com/2016/11/02/413266/

フォルクルワーゲン「Polo with beats」は高級オーディオと個性的な内・外装が自慢(http://clicccar.com/2016/11/02/413250/)