写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日産自動車(日産)は11月2日、新型パワートレイン「e-Power」を搭載したコンパクトカー「NOTE e-POWER」を発売した。

「e-POWER」は、ガソリンエンジン、発電機、インバーター、モーターから成る一体型パワートレインと高電圧バッテリーから構成される。現在普及している従来型のパラレルハイブリッドでは、駆動にエンジンと小型モーターを併用しているが、「e-POWER」では、エンジンはタイヤには直接つながっておらず、モーターのみで100%駆動することが特徴。また、「日産リーフ」のような100%電気自動車(EV)と異なり、バッテリーに蓄えた電力に加え、ガソリンエンジンで発電した電力を使用する。

構造上、エンジンとタイヤが直接つながっていないため、最も効率の良いエンジンの回転数で発電が可能となり、クルマの使用頻度が高い市街地での走行時において従来型ハイブリッドに対し競争力のある燃費を実現するとともに、レスポンスの良さやスムーズな加速、高い静粛性など100%EVの走りの特長も享受できるとしている。

(神山翔)