(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

日本でもおなじみの歌手・BoA。

近年は所属事務所であるSMエンターテインメントの非登記理事に選任され、クリエイティブ・ディレクターとして活動している彼女だが、どうやら女優業も絶好調のようだ。

現在、10月28日から韓国で放送されているドラマ『今週、妻が浮気します』(JTBC)にバツイチの放送作家クォン・ポヨン役で出演中。同作品は2007年に放送されたフジテレビ系ドラマ『今週、妻が浮気します』のリメイク版で、BoAにとっては初の長編ドラマ出演作となる。

BoAは劇中、家ではビールを片手にジャージ姿だが、仕事は完璧にこなす“干物女”に扮し、大きな反響を呼んでいる。自分をいじめる上司のコーヒーに唾を入れたり、口では男にも負けないたくましさを見せたりしつつも、心のどこかでは新たな恋に焦がれる等身大の女性を見事に演じているのだ。

2013年、スペシャルドラマ『恋愛を期待して』(KBS)で女優デビューを果たした当時は、「演技がぎこちない」と批判されたこともあった。どうしても歌手としてのイメージが強いBoAにとって、女優業への挑戦は苦労の連続。映画『メイク・ユア・ムーブ』『ビッグマッチ』などに出演するも、なかなか良い評価は得られなかった。

ただ、今回の『今週、妻が浮気します』制作にあたって監督が「最もこだわったキャスティング」と明かしたBoAが、同作にかける思いは尋常ではない。クランクイン前の本読みでは8話分のセリフを全部暗記していたらしく、撮影現場でも受験生のような姿勢で挑んでいるとか。

そんな努力の甲斐もあって、「滑舌や感情表現が非常に良くなった」「ついに“人生キャラクター”(ハマり役)来た!」といった好評が続出。今までつきまとっていた演技力の心配を払拭することになった。

今後もドラマや映画でますますの活躍しそうなBoA。まずは、『今週、妻が浮気します』のハマり役を堪能したい。

(文=S-KOREA編集部)