パク・ソジュン&Ara&ZE:A ヒョンシク、ドラマ「花郎」キャラクターポスターが公開

写真拡大

ドラマ「花郎(ファラン)」のパク・ソジュン、Ara、ZE:A ヒョンシクの3人の組み合わせが気になる。

韓国で12月から放送予定のKBS 2TV新月火ドラマ「花」が、2016年下半期を飾る話題作として関心を集めている。そんな中、「花郎」の制作陣は11月1日の特別感性ポスターに続き、11月2日に主人公3人の魅力を盛り込んだキャラクターポスターを電撃公開した。

今回公開されたパク・ソジュン(ムミョン/ソヌ役)、Ara(アロ役)、ヒョンシク(サムメクジョン、真興王:新羅の第24代の王役) の3人のキャラクターポスターは、ドラマのカラーを見せるようで、みずみずしく清涼な雰囲気を盛り込んでいる。さらに立体的なキャラクターの特徴と魅力まで盛り込み、「花郎」に対するお茶の間の期待を高めている。

まず、パク・ソジュンの余裕と堂々とした様子が視線を引きつける。唇の上に軽く乗せた指、引き寄せられそうな眼差しなど、パク・ソジュンの魅力が「半分クレイジー」というキャッチコピーと合わさり、視線を引きつける。ドラマでパク・ソジュンが演じるムミョンは一度きりの人生を犬のようにがむしゃらに、鳥のように自由に生きたい伝説の“犬鳥花郎”。「花郎」でワイルドな魅力と母性愛をくすぐる一面を同時に見せられるパク・ソジュンの活躍が、女性視聴者の心を揺さぶるとみられる。

紅一点Araの元気な魅力も眩しい。つぶらで大きな目、明るい笑顔などが、Araが持つ明るいエネルギーと合わさり、「花郎」をさらに輝かせたのだ。ドラマでAraは新羅の源花(ウォンファ、新羅の青少年修練団体)“アロ”に扮した。真骨(チンゴル、新羅の貴族) と賤民の間に生まれた半分だけ貴族だが、生活力が強く、ポジティブで率直で大胆な女性。“ソラボル(新羅の首都) の百人力”というポスターのコピーのように、ありきたりではないためさらに輝かしいキャラクターのアロ、これを演じるAraの魅力が関心を集める。

ヒョンシクの気品からも目が離せない。ドラマでヒョンシク演じるサムメクジョンは“顔のない王”という運命の歯車から出て、世界に出たい人物。ポスターの中でヒョンシクのしっかりとした眉毛と微笑みが優麗でありながらも温和な、王位を受け継ぐ唯一の聖骨(ソンゴル、新羅の王族) としてのカリスマをアピールしている。これと共にどこか悲しげな眼差しは“反転ジディラン”というコピーと絶妙にマッチし、好奇心を刺激する。気品と悲しみ、微笑みと切ない眼差しなどがヒョンシクが「花郎」を通して見せる反転に期待させている。

立体的なキャラクターの特性と共に、彼らがどんな関係で絡むようになるのか関心を集める。それぞれ異なる身分と性格のパク・ソジュン、Ara、ヒョンシクがどうやって出会い、どんな物語を展開していくのか。2016年冬、こんなにも眩しい若者たちが咲かせる美しい花が何なのか、注目を集める。

「花郎」は新羅時代の花郎を本格的に描く作品で、1500年前の新羅の首都“徐羅伐(ソラボル:現在の慶州)”を走った花のような男、花郎たちの熱い情熱と愛、眩しい成長を描く本格青春時代劇だ。100%事前制作ドラマで、今年9月に撮影を終え、韓国で2016年12月に待望の初放送を控えている。