SHINee キー&VIXX エン&ヤン・ドングン、ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」に出演…12月に韓国で上演

写真拡大

ラッパーヤン・ドングン、SHINee キー、VIXX エンがミュージカル「イン・ザ・ハイツ」に出演する。

ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」は、ニューヨークのラテンハーレムと呼ばれるマンハッタン北西部のワシントンハイツに住んでいる、移民者たちの哀歓ある人生と夢をユーモラスに描いたブロードウェイの作品で、昨年初演された際、ミュージカルジャンルでは試みられたことのないラップとヒップホップなどの強烈なリズムとストリートダンスを披露し、座席占有率90%を達成した。

ヤン・ドングンとSHINeeのキーは、ミュージカル俳優チョン・ウォニョンと共にウスナビ役に選ばれた。劇中でウスナビは、ワシントンハイツでスーパーマーケットを営む青年で、いつか故郷に戻ることを夢見る前向きな人物だ。ヤン・ドングンは昨年に続き、持ち前のスワッグ感あふれるステージを披露する予定で、「ボニー&クライド」「地球を守れ!」、tvNドラマ「おひとりさま〜一人酒男女〜」で注目を浴びたキーが新しく合流した。

VIXXのエン(チャ・ハギョン) は、ミュージカル俳優イ・サンイと共にベニ役にキャスティングされた。ベニはニナの父親が運営するタクシー会社に務める人物で、ニナと恋に落ちる。エンは2012年、ミュージカル「光化門恋歌」に出演し、ドラマ「不躾にゴーゴー 」「やってきた!ファミリー」などで安定した演技を披露してきた。

この他にもバネッサ役を演じるオ・ソヨンとJ-Min 、ニナ役を演じるチェ・スジンとナ・ハナなどが出演する。

ミュージカル「イン・ザ・ハイツ」は、12月20日から2017年2月12日まで、芸術の殿堂CJトウォル劇場で上演される。