イ・ジョンソク「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」に特別出演“大ヒットを願ってます!”

写真拡大 (全4枚)

俳優イ・ジョンソクが、MBC新水木ドラマ「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」に特別出演すると制作会社が2日明かした。

バーベルを持ち上げることしか知らない力道選手キム・ボクジュに訪れた嵐のような初恋を描く青春ドラマだ。

「ああ、私の幽霊さま」「ナイショの恋していいですか!?」を手がけたヤン・ヒスン脚本家と「錐(きり)」「オールドミスダイアリー」を手がけたキム・スジン脚本家、「必ずあなたみたいな娘」「弁護士の資格」「7級公務員」を手がけたオ・ヒョンジョンプロデューサーがタッグを組んだ。イ・ソンギョン、ナム・ジュヒョク、キョン・スジン、イ・ジェユンらが出演する。

イ・ジョンソクは友達のイ・ソンギョン、前作「W」のChorokbaem Media、MBCとの縁で特別出演を決定し、撮影現場に駆け付けた。特にデビュー後初めてタイトルロールを務めたイ・ソンギョンを応援するため、多忙なスケジュールの中でも撮影現場を訪ね、特別出演を果たした。

イ・ジョンソクの出演シーンの撮影は10月15日、ソウル蘆原(ノウォン) 区の野外セットで行われた。ジーンズに水色のニット姿のイ・ジョンソクが現場に現れると、撮影スタッフはもちろん、撮影ニュースを聞いて現場で待っていたファンたちも歓呼し、撮影現場は盛り上がった。

イ・ジョンソクはこの日、キム・ボクジュ(イ・ソンギョン) の父チャンゴル(アン・ギルガン) が営んでいるチキン屋を訪ねた客役を演じた。チキン屋で働いていたボクジュの叔父デホ(カン・ギヨン)、ボクジュと自然に台詞と眼差しを交わし、圧倒的な存在感を放った。

さらにカン・ギヨンとは前作「W」でも共演した。再会を喜ぶ2人は一層和気藹々とした雰囲気を作り、短くも強烈な撮影を終えた。イ・ジョンソクは撮影後もイ・ソンギョン、カン・ギヨンなどとカメラの前に立って記念ショットを撮影するなど、「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」への愛情を表した。

イ・ジョンソクは「良い縁で『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜』に出演できて嬉しい。『W』を愛してくださったのと同じくらい『恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜』も愛してほしい。大ヒットを願ってます!」と伝えた。

制作会社のChorokbaem Mediaは「イ・ジョンソクの特別出演で作品の完成度とともに見どころも一つ増え、期待が高まっている。多忙な中でも出演してくれたイ・ジョンソクに感謝したい。イ・ジョンソクの脈絡のある特別出演シーンを、見逃さないでほしい」と伝えた。

「恋のゴールドメダル〜僕が恋したキム・ボクジュ〜」は現在放送中の「ショッピング王ルイ」の後番組として今月16日から韓国で放送スタートする。