軽傷者抱えるレバークーゼン、主将ベンダーに加えCBコンビにスパーズ戦欠場の可能性《CL》

写真拡大

▽レバークーゼンは2日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第4節でトッテナムとのアウェイゲームに臨む。この試合に向けては、主力数人のコンディションが危ぶまれている。ドイツ『キッカー』が伝えている。

▽ここまでグループステージ3戦連続ドローの3位レバークーゼン(勝ち点3)は、2日に勝ち点1差で追う2位トッテナム(勝ち点4)との重要なアウェイゲームに臨む。

▽だが、『キッカー』の伝えるところによれば、キャプテンのドイツ代表MFラース・ベンダーがかかとのケガの影響で遠征メンバーから外れ、いずれも筋肉系の問題を抱えるトルコ代表DFオメル・トプラク、ドイツ代表DFヨナタン・ターの2人は遠征メンバー入りしたものの、試合当日まで起用の可否がわからないという。

▽その一方で、背中に問題を抱えていたトルコ代表MFハカン・チャルハノールに関しては、先発出場は難しいものの、起用自体は可能なようだ。

▽なお、前述したセンターバックコンビが起用不可能な場合、直近のヴォルフスブルク戦でコンビを組んだクロアチア代表DFティン・イェドバイ、オーストリア代表DFアレクサンダル・ドラゴビッチが起用される見込みだ。また、ベンダーの代役はオーストリア代表MFユリアン・バウムガルトリンガーとなるようだ。