主人公たちの過去がついに判明? (C)mixi,Inc. All rights reserved.

写真拡大

 人気ゲームアプリ「モンスターストライク」の劇場版長編アニメ「モンスターストライク THE MOVIE」の新たな特報が、公開された。これまで以上に作品の中身に踏み込んだ内容になっている。

 2013年にリリースされ、全世界累計利用者数3500万人以上を誇る「モンスターストライク」(モンスト)は、15年10月にオリジナルアニメがYouTubeで配信開始。ゲーム内の謎解きとアニメの展開が連動した仕掛けで話題を呼び、世界累計再生回数1億回を突破している。劇場版では、主人公・焔レンたちの幼少期が描かれ、それぞれの過去が明かされると共にゲーム「モンスト」の秘密が描かれる。

 特報は、幼いレンが書斎にいる父の姿をのぞき見る場面から始まる。ドラゴン関連の書物に囲まれ、ドラゴンの骨格と特徴をノートに書き込む父の姿が意味深に映し出されるほか、その後レンのもとから姿を消すことが示唆される。映像の後半では荒廃した巨大なスタジアムや、レンたちが血まみれで倒れている大人たちを発見するショッキングなシーンが追加されている。何らかの研究施設のような場所で、レンたちが開発段階の「モンスト」のゲームに興じる姿も描かれており、「やっぱりあれ、ただのゲームじゃなかったんだ」というセリフが、壮大なスケールを物語っている。

 「モンスターストライク THE MOVIE」は、YouTube版からのキャストに加え、坂本真綾、村中知、水樹奈々、山寺宏一、北大路欣也といった豪華メンバーが声優を務める。12月10日から全国公開。