写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マネーツリーは、同社の金融インフラサービス「MT LINK」と日本オラクルが提供する「Oracle ERP Cloud」をはじめとしたERP製品群とのサービス連携を発表した。

MT LINKにとって、グローバルなERPパッケージと連携したサービスの提供は初となる。マネーツリーは今回の提携で、金融機関の入出金データを直接ERPの仕組みに連携する「ERP LINK by Moneytree」を提供し、フィンテックによる経理業務の効率化を支援する。

MT LINKとオラクルのERP製品とを接続することで、企業からのニーズが高かった金融機関の入出金データと企業内ERPとの連携に絞ったサービスを、従来の方法に比べコストを大幅に抑えて提供できるようになる。オラクルのERP製品との連携には、クラウド間、およびクラウドとオンプレミスのシステム間のシンプルな統合を実現するクラウド・サービス「Oracle Integration Cloud」を活用している。

MT LINKは、今回の発表で、連携企業が17社となった。